個人番号カード(マイナンバーカード)について

2019年7月31日

目次

 

個人番号カード(マイナンバーカード)とは

マイナンバー制度施行に伴い、平成28年1月より交付開始した、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付きのカードです。

有効期間は、カード発行日から、20歳以上の方は10回目、20歳未満の方は5回目の誕生日(特別永住者及び永住者以外の外国人住民の方は在留期限)までとなります。

交付手数料は、当面の間【無料】です(本人の責による再発行の場合を除く)。

個人番号カードの申請についてなど、詳しくはマイナンバーカード総合サイト(外部サイト)をご覧ください。

なお、市民課窓口では申請に関する支援(記入説明や写真撮影など)も行っておりますのでご利用ください。

 

MyNoCard.png

 

個人番号カードの利用方法

 このカードは、本人の申請により交付され、マイナンバーを証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用できます。

 また、希望により搭載される「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」についての詳細は、公的個人認証サービスのページでご確認ください。この機能を利用した主なサービスは次のとおりです。

 

 

個人番号カードの交付

 個人番号カードの交付を受けるためには、ご本人(15歳未満は親権者)による申請が必要です。

 個人番号カードの申請に関するフローチャート図

交付時来庁方式

 個人番号カードの交付を受ける際に、ご本人にご来庁いただきます。

手順1.申請します。

 インターネットや郵送などでご自身で申請を行っていただくか、申請支援をご利用ください。

 ※個人番号カード申請書送付用封筒の使用期限が令和4年5月31日まで延長されました。

 ※申請方法や封筒についての詳細はマイナンバーカード総合サイト(外部リンク)をご覧ください。

手順2.ご自宅に交付通知書(ハガキ)が郵送されます。

 申請された方には、交付準備が整い次第、申請受付順に交付通知書(ハガキ)を送付します。交付通知書(ハガキ)を紛失した場合は再送しますのでご連絡ください。

 ※申請が受理された場合、申請日から1ヶ月程度で交付通知書(ハガキ)が送付されます。

 ※申請後2ヶ月以上、交付通知書や再申請依頼通知(申請不備の際はその旨通知があります)などの申請に関する進捗確認ができない場合はお問い合わせください。

手順3.窓口で個人番号カードが交付されます。

  • 交付場所:市民課
  • 交付時間:平日の午前8時30分から午後5時00分まで(祝祭日・年末年始を除く)
  • 持参品等:交付通知書にてご確認ください(必要な書類等を記載しております)。

※「午前10時から正午まで」や「休日の翌日(月曜日など)」は、通常時と比較して窓口が混雑しますので、時間に余裕をもってお越しください。

※希望等があれば、午後6時30分まで交付時間を延長することがありますので、事前にご相談ください。

※システムが不安定となり、即日交付できない場合があります。この場合、後日郵送(本人限定受取書留)の扱いとなりますのでご了承ください。

 

申請時来庁方式

申請時にご本人にご来庁いただきます。なお、顔写真付き身分証明書をお持ちの方のみご利用いただける方法となります。

手順1.窓口で申請します。

 必ず申請者本人にお越しいただく必要があります。

手順2.ご自宅に個人番号カードが郵送(本人限定受取書留)されます。

 申請が受理された場合、申請日から1ヶ月程度で個人番号カードを送付している状況です。

  • 申請場所:市民課
  • 受付時間:平日の午前8時30分から午後5時00分まで(祝祭日・年末年始を除く)
  • 持参品等:「顔写真付き身分証明書」「通知カード」「印鑑登録証(お持ちの方のみ)」「住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)」「Aoiカード(お持ちの方のみ)」

※申請時に通知カードを回収いたしますので、個人番号カードが送付されるまでの間、個人番号の確認書類がお手元にない状態となります。

 

申請支援

 市民課の窓口では、職員が個人番号カードの申請をサポートいたします。

 申請方法がわからない方や交付申請書をお持ちでない方など、申請にお困りの方はぜひ申請支援をご利用ください。

 また、申請に必要な顔写真を無料でお撮りいたします(ご自身で用意した証明写真を使って申請することも可能です)。

顔写真のチェックポイント

 

臨時(出張)申請受付窓口

 通常、市民課窓口で実施している「マイナンバーカードの申請支援窓口」を、下記日程で一部の公共施設を利用し窓口開設します。

 市民課に来るのが大変な方や、申請にお困りの方はぜひご利用ください(事前予約願います)。詳しくはこちら

窓口開設日程

  1. 東市民センター
  • 開設日:令和元年10月17日(木)、18日(金)
  • 時間帯:午前10時から正午まで、午後1時から午後3時まで
  • 南市民センター
  • 開設日:令和元年10月24日(木)、25日(金)
  • 時間帯:午前10時から正午まで、午後1時から午後3時まで
  • 一箕市民センター
  • 開設日:令和元年10月30日(水)、31日(木)
  • 時間帯:午前10時から正午まで、午後1時から午後3時まで

 

督促通知の発送について

 個人番号カード交付通知書の送付後一定期間経過しても受け取りに来ない方を対象として、督促通知を発送しております。お早めにお受け取りください。

 なお、督促通知を送付した日から90日間を経過しても受け取りに来ない場合は、交付取りやめの意思があると判断し、廃棄処分させていただきます。廃棄処分後に交付を希望する場合は改めて申請から手続きが必要となります。

 

暗証番号の設定

交付の際に次の暗証番号の設定が必要となりますので、事前に考えてからお越しください。

  • 署名用電子証明書の暗証番号【英数字6文字以上16文字以下】
    ※英字は大文字のAからZまで、数字は0から9までから選択し設定することとし、英字・数字どちらも1文字以上使用する必要があります。
    ※署名用電子証明書を希望されない場合は、暗証番号の設定は不要です。
  • 利用者証明用電子証明書の暗証番号【数字4桁】
  • 住民基本台帳の暗証番号【数字4桁】
  • 券面事項入力補助用の暗証番号【数字4桁】

 

時間外交付のお知らせ≪要予約≫

 仕事や学校等で平日開庁時間内に来庁することができない方など、計画的にご利用ください。

時間

  • 平日の午後5時から午後6時30分の間(ただし、水曜日を除く。)

予約

  • 当日の午後5時までに電話予約が必要

場所

  • 市民課

持参品

 

休日交付のお知らせ

令和元年8月25日(日)・9月1日(日)に休日窓口を開設します。詳しくはこちらをご覧ください。

 

法定代理人へのお知らせ

下記に該当する場合は、申請者本人と一緒に法定代理人もお越しいただく必要がありますのでご留意願います。詳しくはお問合せください。

1.申請者が15歳未満の場合

  • 申請者本人とともに保護者(親権者)の方もお越しいただく必要があります。

2.申請者が成年被後見人の場合

  • 申請者本人とともに成年後見人もお越しいただく必要があります。

 

任意代理人へ受領を依頼する場合の注意点

任意代理人の方へ交付することができる場合は次の全てを満たす必要があります。詳しくはお問合せください。

  • 申請者本人が顔写真付き身分証明書を保有しており、任意代理人が持参できること。
  • 申請者本人が病気、身体の障害その他やむを得ない理由により、来庁することが困難であることを証する書類等を提示できること。
  • 交付通知書(ハガキ)の「回答書」・「委任状」・「暗証番号」等の記載に漏れや疑義等のないこと。
  • 代理人の本人確認書類を持参すること。

 

個人番号カードの変更等

次に掲げる場合は変更の手続きが必要になります。なお、手続きの際は、(住民基本台帳の)4桁の暗証番号の入力が必要になります。詳しくはお問い合わせください。

 

カード記載事項の変更

 住民情報(住所・氏名・生年月日・性別等)に変更が生じた場合は、身分証明書として最新情報に更新する必要がありますので、カード表面の追記欄に変更内容を記載のうえ証明します。手続きができる方は、本人または本人と同一世帯の方に限ります。

 なお、住民情報に変更が生じた時点(住民異動届や戸籍届の届出)をもって、署名用電子証明書は自動的に失効します。新しい住民情報の署名用電子証明書を発行希望される場合は、申請が必要となります。

市内での引越し(転居)による住所変更や戸籍届出による氏名変更等があった場合

  • 表面追記欄に変更した事項を記載しますので、個人番号カードを窓口にお持ちください。

転入前市区町村で交付を受けたカードを引き続き使用したい場合

  • 転入届と同時もしくは同日以降に、継続手続きを行う必要がありますので、個人番号カードを窓口にお持ちください。有効期限まで利用することができるようになります。

 

暗証番号の変更

現在有効な暗証番号を変更したい場合は、本人が個人番号カードを窓口にお持ちください。

 

暗証番号の初期化再設定(暗証番号を忘れた場合・一定回数の誤入力によりロックされた場合)

 暗証番号の再設定手続きが必要となりますので、個人番号カードと本人確認書類を窓口にお持ちください

手続きができる方

  • 個人番号カードをお持ちの本人(本人が来ることができない場合は手続き方法が異なりますので、市民課へお問い合わせください。)

持参するもの

  • 個人番号カード
  • 個人番号カード以外の顔写真付き身分証明書

※個人番号カード以外の顔写真付き身分証明書が無い場合、当日での再設定ができない場合があります。)

 

 

個人番号カード(マイナンバーカード)の紛失・盗難

紛失や盗難の事実にお気づきの際は、すみやかに次のマイナンバー総合フリーダイヤル(≪内閣府:マイナンバー≫外部サイト)に連絡してください。個人番号カードを一時利用停止にすることができます。

また、外出先での紛失や盗難の場合は、お近くの警察署・交番に遺失物届(または被害届)も届け出てください。

さらに、(上記の手続きが終わってからで結構ですので)市民課に個人番号カード紛失届等の届出もお願いします。

個人番号カードが一時利用停止後に見つかった場合は、市民課の窓口で一時利用停止解除の手続きを行う必要があります。

 

マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)

  「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせに対応します。

 おかけ間違いのないようご注意ください。

  • 0120-95-0178(マイナンバー)
  • 平日・・・午前9時30分から午後8時まで(年末年始を除く)
  • 土日祝日・・・午前9時30分から午後5時30分まで(年末年始を除く)
  • ただし、一時利用停止については、24時間、365日対応しております。

 

個人番号カード(マイナンバーカード)の再交付

紛失・盗難等に伴い、個人番号カードの再交付を希望する場合は、再交付申請(有料)が必要となります。詳しくはお問い合わせください。

 

関連情報リンク

 市ホームページ内の関連情報のリンクは以下の通りです。新しいウインドウで表示されます。

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所市民課
  • 電話 0242-36-7210
  • FAX 0242-28-4579
  •  メール送信フォームへのリンクメール