【新型コロナウイルス】「5類感染症」に移行しました。

2023年5月8日

 令和5年5月8日(月)から新型コロナウイルス感染症は、5類感染症に移行します。移行に伴い、国の新型コロナウイルス感染症対策の「基本的対処方針」や「業種別ガイドライン」が廃止となります。移行後は行政から一律に感染対策や行動制限を求めることはなくなり、感染対策は個人や事業者の皆様の判断に委ねられ、自主的な取り組みへと変化します。しかし、ウイルスの特性は変わるものではありません。自らを感染症から防ぎ、身近な人を守るためにも、感染を拡大させないよう、基本的な感染対策への取り組みにご配慮をお願いいたします。

 

 

5類感染症移行後の感染対策について

「新たな健康習慣」としての「感染防止の5つの基本」

5類移行後の感染対策として、国から「新たな健康習慣」として「感染防止の5つの基本」が示されています。

 

  • 体調不安や症状がある場合は、無理せず自宅で療養あるいは受診する
  • 場面に応じたマスクの着用や咳エチケットの実施 「マスク着用の考え方について」市のホームページ
  • 換気や三密(密集・密接・密閉)の回避は引き続き有効
  • 手洗いは日常の習慣に
  • 適度な運動、食事などの生活習慣で健やかな暮らしを

 

 感染防止の5つの基本

 

行動制限の要請がなくなります

療養期間が変わります

5類感染症に移行後、陽性者や濃厚接触者への外出自粛制限などの行動制限が求められなくなり、新たに陽性者や陽性者の同居家族の療養期間等の目安が示されました。

下表を参考に、外出を控えるなど、感染を拡大させないよう周囲への配慮をお願いします。また、やむを得ず生活必需品の買い出しなどで外出する場合は、マスクを着用するなど感染拡大防止のために配慮をお願いします。

 

対  象 5月7日(日)まで 5月8日(月)以降
陽性者 症状のある人

 

症状が出た日の翌日から7日間以上経過し、

かつ症状軽快から24時間以上経過するまでは外出を自粛

 

症状が出た日の翌日から5日間は外出を控え、症状が続く場合は

症状軽快から24時間程度経過するまでは外出を控えることを推奨

無症状の人

 

検体採取日の翌日から7日間は外出を自粛

 

検体採取日の翌日から5日間は外出を控えることを推奨
陽性者の同居家族

 

最終接触日の翌日から5日間は外出を自粛

 

同居家族に症状が出た日の翌日から特に5日間は体調に注意

 

  • 上表の期間にやむを得ず外出する場合は、症状がないことを確認し、マスク着用などの感染防止対策を徹底してください。
  • 陽性者は10日間が経過するまではウイルスを排出する可能性があり、陽性者の同居家族は7日目までは発症する可能性があるため、マスクを着用することや、高齢者などの重症化リスクの高い人との接触を控えることなど感染拡大防止への配慮をお願いします。

 

自宅療養に備え、備蓄をお願いいたします。

行動制限の見直し後も、療養期間中は外出を控えることが推奨されます。

療養に備え、食料や日用品(生理用品やオムツ等)、薬(常用薬や市販の咳止め、解熱剤等)などを数日分程度を備えておきましょう。

※なお、行動制限の見直しにより、県が行っている食料支援、市が行っている日用品等の支援は終了となります。

 

医療提供体制が見直しになります

当面はこれまでと同様、発熱患者や新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、県が5月8日以降に公表する「外来対応医療機関」にお問い合わせの上で、相談・受診をいただくようになります。なお、5類感染症への移行後は、季節性インフルエンザと同様に、幅広い医療機関で検査・受診ができるような体制を段階的に構築していくことになります。

※外来対応医療機関一覧はこちら(市のホームページ)

 

症状や体調不良時の対応

発熱やのどの痛みなどの症状がある場合は、あわてずに検査キットによる自主的なセルフチェックをしましょう。高齢者や基礎疾患のある方、妊娠している方はかかりつけ医か新型コロナウイルス感染症に対応している医療機関へ相談しましょう。受診先に悩む場合は、県新型コロナウイルス感染症相談センターに相談しましょう。

症状があるときや療養中の体調不良の相談先

  • 県新型コロナウイルス感染症相談センター 電話番号:0120-567-747 (24時間対応)

 

検査キットで陽性になったとき 「陽性になった場合」(市のホームページ)

  • 症状が軽い方は、自宅等で療養を開始しましょう。
  • 症状が重い方、重症化リスクが高い方(65歳以上の方、基礎疾患を有している方、妊娠している方)は、必ず事前に連絡をしてからかかりつけ医や身近な医療機関を受診してください。※外来対応医療機関一覧はこちら(市のホームページ)

 

 感染症対策の情報提供について

感染症対策は個人や事業主の自主的な取り組みとなりますが、場面に応じたマスクの着用、手指衛生、換気などの対策はこれからも有効とされています。

市では感染症対策に関する取り組みや必要な情報提供を継続します。

 公民館利用者への二酸化炭素濃度測定器の貸出事業について

 市内の公民館利用者を対象に、二酸化炭素濃度測定器の貸し出し(館内使用のみ)を行っています。

二酸化炭素濃度測定器を使用することで、室内の換気状況を数値で判断することができます。

詳しくはこちらからご覧ください。

 

 感染症対策に関する出前講座について

新型コロナウイルス感染症対策に関する出前講座を行っております。ご希望の団体がある場合は、市生涯学習総合センターの「令和5年度版生涯学習出前講座」をご覧いただき、お申し込みください。(「令和5年度版生涯学習出前講座のページはこちら

感染症患者数の把握方法や公表について

新型コロナウイルス感染症の感染症患者数は、これまでは全数把握により、県の公表情報を受けて毎日公表してました。感染症法上の5類以降に伴い、特定の医療機関(定点)からの週1回の報告をもとに流行状況を把握する方法(定点把握)に変更となります。5月8日以降は、県において、各保健所管内毎に1週間単位で定点医療機関から報告があった感染症患者数が公表されることとなります。市ホームページにおける公表も週1回となります。
 

感染症発生動向調査について ※福島県感染症発生動向調査(外部ページ)

 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下、「感染症法」)に基づき、福島県が定める「福島県感染症発生動向調査事業実施要綱」により実施されています。各保健所管内で指定された医療機関のみから報告されています。

 

市庁舎等における対応について

 来庁される場合、マスクの着用は個人の判断が基本となります。また、手指衛生や換気、3密の回避等の基本的な感染対策については、引き続きご協力をお願いいたします。

 

関連ページ

新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について (令和5年5月7日までの対応)

【新型コロナウイルス】陽性者の方へ(令和5年5月7日までの対応)

新型コロナウイルスワクチン接種について

 

新型コロナウイルス感染症による体調不良や受診先の相談にかかるお問い合わせ

  • 県受診・相談センター(※5月8日より「県新型コロナウイルス感染症相談センター」)
  • 電話番号:0120-567-747 (24時間対応)

 

新型コロナウイルス感染症にかかる市へのお問い合わせ(5月8日以降も継続)

  • 会津若松市新型コロナウイルス感染症に関する総合コールセンター
  • 電話番号:0570-026-263 
  • 午前9時から午後5時(土日祝を除く)

 

  • 会津若松市役所 健康増進課 新型コロナウイルス感染症対策室
  • 電話番号:0242-23-9271
  • ファックス番号:0242-23-7350
  • メール