【新型コロナウイルス感染症】罹患後も続く症状(罹患後症状)について

2022年11月25日

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状

国内外の調査において、新型コロナウイルス感染症の治療や療養が終了した後も、一部症状が継続しているケースが報告されています。

罹患後症状(いわゆる「後遺症」)と思われる症状がある場合は、お一人で悩まず、まずはかかりつけ医や身近な医療機関にご相談ください。

 

代表的な症状

症状の表.jpg 症状について(画像クリックすると拡大されます)

 呼吸器症状

  • 咳・喀痰・息切れ・胸痛

精神・神経症状

  • 記憶障害・集中力低下・不眠・頭痛・抑うつ(気分が落ち込む)

全身症状

  • 倦怠感(だるい)・関節痛・筋肉痛

その他の症状

  • 嗅覚障害・味覚障害・動機・下痢・腹痛

など様々な症状が報告されています。

 

 罹患後症状が疑われる場合は

  • まずは、かかりつけ医や身近な医療機関を受診してください。
  • その後、必要に応じて県が構築した体制によって、専門的な医療機関への案内などが行われます。

 

問い合わせ.jpg 受診の手順(画像をクリックすると拡大されます)
 

 

関連リンク

 

お問い合わせ

 

  • 会津若松市役所 健康増進課 新型コロナウイルス感染症対策室
  • 電話:0242-23-9271
  • FAX:0242-23-7350
  • メール送信フォームへのリンクメール