家庭用防災カルテ・ハザードマップ

2020年10月12日
家庭用防災カルテは、今後の本市の防災対策方針をまとめた「会津若松市地域防災計画」を基に、特に市民の皆様に関係の深い項目について概要をまとめたものです。
ハザードマップは、河川洪水の浸水想定情報に加え、土砂災害に関する情報や避難所・避難場所、さらに災害時に役立つ情報サイトなどをまとめたものです。
住まい周辺の状況を確認し、各家庭での防災意識向上に役立てていただければ幸いです。
 
なお、河川洪水の浸水想定につきましては、「48時間の総雨量が533mm」になった場合の浸水の深さをお知らせしております。
 

ハザードマップの地図サイト上での公開について

 「会津若松市公開用GIS」サイトにて確認していただけます。
 
以下のリンクからご確認ください。
 
避難所・避難場所の一覧が表示されていますが、確認したい内容のタブを選択して表示してください。
なお、「重ねるハザードマップ」タブでは、すべてのデータの中から表示させたいデータを選択して重ねて表示させることができますので、そちらも利用ください。
 
また、利用方法のマニュアルもありますので、ご覧ください。
 
 
 

ハザードマップ(PDF版)について

PDFファイルでの公開も行っております。
また、危機管理課において、印刷したハザードマップを配布しております。
 
 

磐梯山火山ハザードマップ

 磐梯山で噴火が発生した場合、一定の条件下において日橋川流域で「融雪型泥流」が発生します。
詳細は、火山ハザードマップをご覧ください。
 

県の公表図面

 福島県のホームページにて土砂災害警戒区域等の図面が公開されておりますので、そちらもご確認ください。

 

 
 

防災ガイドブックについて

 本市では、官民協働の事業手法を取り入れ、防災に関する様々な情報やハザードマップの情報等、市民のみなさまに知っていただきたい情報を一冊にまとめた「会津若松市防災ガイドブック」を株式会社サイネックスと協働発行しましたので、ご覧ください。
 

家庭用防災カルテのダウンロード

 
平成31年3月に内容を更新しました。
紙媒体での配布を行っておりますので、ご希望される方は危機管理課(本庁舎1階)までお越しください。
 
表面には、災害に関する各種情報をまとめたものを掲載しております。
裏面には、「ゆれやすさマップ」を掲載しております。
会津盆地の「東縁断層」および「西縁断層」を震源とした地震が発生した場合を想定した震度となっております。
 

洪水浸水想定区域の見直しについて

 阿賀川河川事務所のホームページにて公開されておりますので、以下のリンクよりご確認ください。

 

 

 

阿賀川流域の洪水浸水想定区域に関するお問い合わせ先

  • 阿賀川河川事務所
  • 電話:0242-26-6441
  • FAX:0242-29-2776

 

マイ・タイムラインの作成について

 市では、大雨や台風の際に市民の皆様、一人ひとりが自らの避難行動を考える「マイ・タイムライン」の普及に取り組んでいます。

ぜひ、自分の行動について、考えてみてください。

 

関連情報


 


お問い合わせ

  • 会津若松市役所 危機管理課
  • 電話:0242-39-1227
  • FAX:0242-26-6435
  • メール送信フォームへのリンクメール