市・県民税の納税通知書について

2019年5月31日

 

 平成31年度の市・県民税の納税通知書を6月10日(月)に発送します。今回の納税通知書は、納付書や口座振替、納税組合で納付(普通徴収)する方と、公的年金から引き落として納付(年金特別徴収)する方を対象に送付します。

 なお、お勤め先の給与から引き落として納入している方への特別徴収税額の決定通知書は5月17日(金)に発送しています。

 

 平成31年度 市・県民税の納期限(普通徴収)

 普通徴収で納付する場合の納期限は下記の通りですので、忘れずに納付してください。

 コンビニエンスストアや東北6県の郵便局でも納付できます。 

  • 第1期   7月1日(月)
  • 第2期   9月2日(月)
  • 第3期  10月31日(木)    
  • 第4期    1月31日(金)

     

   

 

年金特別徴収で納付する場合

 公的年金を受給している65歳以上の方で、今年度より年金から引き落としになる方は、1期分(7月納期)と2期分(9月納期)は普通徴収による納付で、10月以降の年金支給月からは年金からの引き落としで納付となります。また、昨年度に続き年金からの引き落としとなっている方は、4・6・8月分では仮徴収税額を、10月以降の徴収分は年税額から仮徴収税額を差し引いた本徴収税額を、それぞれ年金からの引き落としで納付することになります。

  なお、公的年金を受給している65歳未満の方で、給与から市・県民税が引き落としされている方は、年金にかかる市・県民税も給与から引き落としされます。

 

徴収区分について

普通徴収

 市役所から発送された「市民税・県民税納税通知書」によって市役所の窓口や銀行等で直接納入していただく方法や、口座振替、納税組合で納入していただく方法です。

特別徴収

 勤務先の会社(給与支払者)が支払う給与から差し引いて納入していただく方法です。

年金特別徴収

 65歳以上の方で、年金収入に係る税額を年金保険者(支払者)が支払う公的年金から差し引いて納入していただく方法です。

   ※対象となる年金の種類は、老齢または退職を支給事由とする公的年金(老齢基礎年金、退職年金等)となります。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 税務課 市民税グループ
  • 電話番号 0242-39-1223
  • FAX番号 0242-39-1421
  • メール