サテライトオフィスを開設しています

2021年5月13日

「サテライトオフィス」について

 会津若松市では、ICT(情報通信技術)や環境技術などを、健康や福祉、教育、防災、さらにはエネルギー、交通、環境といった生活を取り巻く様々な分野で活用し、将来に向けて持続力と回復力のある力強い地域社会と、安心して快適に暮らすことのできるまちづくりを進めていく「スマートシティ会津若松」の推進を掲げ、関連する取組を進めております。当該取組みにおいては、地域内外の事業者の協力を得て推進しているところであり、ICT専門大学が立地しているなどの特性を活かして、ICT関連企業の集積を図っております。

 

「サテライトオフィス」開設の目的

会津若松市に一部機能移転等により事務所の開設を検討している首都圏等の企業に対し、本市での事業を体験できる環境を提供するものとして、サテライトオフィスを設置しています。

サテライトオフィス使用に関する要綱.pdf(361KB)

 

入居対象者

首都圏等から一部機能移転等を検討する企業

 首都圏等とは、福島県外に本店及び主たる事業所を有する企業。

 業種、企業規模は問いません。

 

入居期間

最大2年以内

 申請は、単年度ごとに必要となります。

申請方法

 会津若松市行政財産使用許可申請書と使用申請書を事前に提出してください。

00_行政財産使用許可申請.docx(13KB)02_別紙_使用計画書.docx(13KB)

 

費用負担

市が毎年度、行政財産使用料に基づき、日数に応じた使用料を算出しますのでお問合せください。なお、支払いは一括となります。

電気、ガス、水道、通信費等については、入居者負担となり、それぞれの契約手続きが必要となります。

 

現地見学、入居の申し込みなど

実際に現地でサテライトオフィスをご覧になりたい場合、入居を希望する場合などは、このページ最下部のお問い合わせ先までご連絡ください。

 

サテライトオフィスの種類

会津若松市では、2つのサテライトオフィスを開設しています。

各サテライトオフィスは、1社または、数社でシェアする形態でご利用いただけます。

駐車場は、2つのサテライトオフィスの共用となり、最大10台まで駐車可能となります。

サテライトオフィスの特徴や間取りなどは、以下のご案内のほか、こちらのPDF資料からもご覧いただけます。

サテライトオフィス_パンフレット2021.pdf(3MB)

 

行仁町第1サテライトオフィス

市長公舎サテライトオフィス 市長公舎サテライトオフィス内観

 

【所在地】福島県会津若松市行仁町8-29
【広さ】木造2階建て  1階:112.71㎡  2階:62.87㎡  計175.58㎡
【部屋数】3部屋(1階:会議室×1、2階:オフィスルーム×2)、キッチン、和室×2、男女別トイレ、浴室等

【その他設備】
(1)大正14年建築の古民家(旧市長公舎)を改修。

(2)1階、2階ともに2部屋確保できるため、共同プロジェクトや会議の設定、オンライン専用など可能。

 

間取りなどの詳細は、サテライトオフィスパンフレット2021をご覧ください。

 

 

行仁町第2サテライトオフィス

行仁町サテライトオフィス 行仁町サテライトオフィス内観

 

【所在地】福島県会津若松市行仁町8-29

【広さ】木造平屋建て 床面積91.09㎡ 建築面積109.30㎡

【部屋数】2部屋(ワーキングスペース×1、交流スペース×1)、給湯スペース、男女別トイレ等

【その他設備、特徴など】

(1)2018年に新築
(2)V2H(ビークルトゥホーム)及び蓄電池(1kW)を備えており、災害時にも最低限の電源の確保が可能。
(3)高いセキュリティを確保するため、外部からの入退館にICカードを利用。

  また、ワーキングスペースのドアにもセキュリティ錠を備える。

 

間取りなどの詳細は、サテライトオフィスパンフレット2021をご覧ください。

 

関連事業について

「ICTオフィス環境整備事業」については、こちらをご覧ください。

 

お問い合わせ、現地見学、入居の申し込みなど

  • 会津若松市役所 企業立地課
  • 電話番号:0242-39-1255
  • メール