平成30年度は固定資産の評価替えを行います

2018年4月2日

 固定資産税は、土地や家屋、償却資産の評価額をもとに算出しています。土地や家屋の評価額は3年ごとに見直す制度がとられており、これを「固定資産の評価替え」といいます。

 

 平成30年度は評価額を見直す基準年度です。前回評価替えを行った平成27年度以降における土地・家屋の利用状況や地価・物価の変動などをもとに、適正な評価額に見直しを行います。そのため、税額が変更になる場合があります。

 

固定資産税ついてのページへのリンク

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 税務課 土地グループ/家屋・償却資産グループ
  • 土地に関する問い合わせ:0242-39-1224
  • 家屋・償却資産に関する問い合わせ:0242-39-1225
  • ファックス番号:0242-39-1421
  • メール