森林を新たに取得したときは届出が必要です

2018年10月3日

森林の土地の所有者届出制度について

 森林法の改正により、平成24年4月1日以降に個人、法人を問わず、売買契約のほか、相続、贈与、法人の合併などにより新たに森林の土地の所有者となった方は、90日以内に取得した森林が所在する市町村へ事後の届出が必要です。(郵送での届出も可能です)
 ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出した場合には、届出は不要です。
 

届出の対象となる森林

 県が作成する「地域森林計画」の民有林が届け出の対象です。(対象森林であるかの確認は、市役所農林課へ電話等でご確認ください。)
 なお、面積の基準はありませんので、面積が小さくても届出の対象となります。

 

届出書の様式について

 森林の土地の所有者届出書(下記の3書式からご希望の形式を選択してダウンロード)をご利用ください。

 複数の筆の場合は、届出書の「土地の所在場所」欄に『別紙のとおり』と記入し、別紙様式(ダウンロードした届出書の2枚目の書式)にご記入ください。

 届出書及び別紙様式(ODF)形式(13.3KBytes)       【ODF形式についての紹介ページ】

 届出書及び別紙様式(EXCEL形式)(32.5KBytes)

 届出書及び別紙様式(PDF形式)(30.9KBytes)

 

       届出書の記載例はこちらです→ 届出書記載例(PDF形式)(395KBytes)  

 

添付書類について

  • 土地の位置を示す地図(住宅地図等で結構です)
  • 登記事項証明書その他の届出の原因を証明する書面(土地売買契約書、相続分割協議の目録、土地の権利書等)の写し

届出の期日について

  土地の所有者となった日から起算して、90日以内に届出が必要です。

  なお、平成24年4月1日以前に土地の所有者となっていた場合は届出の必要はありませんが、分割協議中で同日以降に協議が整い所有が特定された場合には、その分割協議が整った日から90日以内に届出を行う必要があります。

 

届出の窓口について

  下記の市役所農林課まで届出をお願いします。(郵送による届出も可能ですので、お問い合わせください。)

 また、取得した方の住所に関係なく、取得した森林が所在する市町村へ届出をお願いします。

 

関連情報について

    

  森林所有者届出制度Q&A(PDF形式)(141KBytes)

      林野庁のホームページ

  

    

お問合せ窓口

  • 会津若松市役所農林課(栄町第2庁舎2階)
  • 電話:0242-39-1254
  • メール送信フォームへのリンクメール