警戒レベルと避難行動等

2019年6月1日
市では、風水害や土砂災害などの災害が発生する恐れがある場合、避難情報などを防災情報メールやテレビなどで随時お知らせします。
内閣府が作成する避難勧告に関するガイドラインの改定(平成31年3月29日)に伴い、5段階の警戒レベルを用いた避難勧告等の発令に運用が変更となりました。
災害発生の恐れがあると感じた場合は、早めの避難を心がけていただくよう、お願いいたします。
 

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

  • 市民の皆様が情報の意味を直感的に理解できるよう、避難情報(災害発生情報、避難指示(緊急)、避難勧告、避難準備・高齢者等避難開始など)を5段階の警戒レベルにより提供し、とるべき行動の対応を明確化しました。
  • 【警戒レベル1】【警戒レベル2】は気象庁から、【警戒レベル3】【警戒レベル4】【警戒レベル5】は市から発表されます。
  • 市から【警戒レベル5】が発令されたら、既に災害が発生している状況です。
  • 市から【警戒レベル4】が発令されたら、全員が安全な場所へ避難してください。
  • 市から【警戒レベル3】が発令されたら、避難に時間を要する人は避難を開始してください。

 

 
警戒レベル皆様がとるべき行動発表する情報発表者

 

【警戒レベル5】    

既に災害が発生している状況です。

命を守るための最善の行動を取りましょう。

災害発生情報※1

※1 災害が実際に発生していることを把握した場合に

可能な範囲で発令します。

 

市     

【警戒レベル4】

速やかに避難先へ避難しましょう。

避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、

自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

避難勧告

避難指示(緊急)※2

※2 地域の状況に応じて緊急的又は重ねて避難を促す場合等に発令します。

【警戒レベル3】

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者の方は避難をしましょう。

その他の人は、避難の準備を整えましょう。

避難準備・高齢者等避難開始
【警戒レベル2】 避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。

洪水注意報

大雨注意報等

気象庁

【警戒レベル1】 防災気象情報などの最新情報に注意し、災害への心構えを高めましょう。 早期注意情報 気象庁

 

関連リンク

 

自ら行動をとる際の判断に参考となる情報について(警戒レベル相当情報)

  • 国土交通省、気象庁、県では、住民自らが行動をとる際の判断の参考となる情報として、指定河川洪水予報、河川の水情報、大雨警報、土砂災害警戒情報、土砂災害危険度分布等を警戒レベル相当情報として提供します。
  • 市が発令する避難勧告等は、市が総合的に判断するものであることから、警戒レベル相当情報が出されたとしても発令されないことがあります。

 

特別警報について

 

気象庁は、気象警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し最大級の警戒を呼びかけます。

西日本を中心に被害が発生した平成30年7月豪雨においても、11府県において、大雨特別警報が発令されました。


特別警報が発表された場合、数十年に一度のこれまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況となっております。

そのため、市から発令される避難情報に従って、迅速な避難を行うようお願いいたします。


お問い合わせ

  • 会津若松市役所 危機管理課
  • 電話:0242-39-1227
  • FAX:0242-26-6435
  • メール送信フォームへのリンクメール