一般家庭ごみのごみ処理場への直接持ち込みについて

2017年12月20日
【会津若松市】焼却場混雑状況2


一般家庭のごみ、粗大ごみ、資源物はごみ処理施設で処理できないもの(※1)を除き、直接持ち込みすることができます。

ただし、年度末、年度始めはごみ処理場が混み合います。
少量の場合や通常のごみの日に何度かに分けて出せる場合はごみステーションに出していただくよう、ご協力お願いいたします。

事業活動に伴ったごみや資源物は、「事業系一般廃棄物の処理について」のページをご覧ください。

持ち込みできる条件

1.会津若松市民の方で、かつ会津若松市内の家庭から排出されるごみ・資源物であること
2.ごみを排出する排出者本人が、直接ごみ処理場に持ち込むこと
3.一般家庭で使用した、ごみや資源物であること
4.ごみ処理施設で、処理ができるごみであること
 ※持ち込みが出来ない方は、ごみの収集運搬許可業者へ運搬を依頼してください。

 ※ごみの収集は市の許可を持った業者以外はできません。安易に不用品回収業者を利用しないようにしましょう。

 ※本市でも、違法な不用品回収業者に依頼したために、通常かかる以上の料金を支払わされるといったトラブルが発生しています。(くわしくはこちら

 

(※1)ごみ処理施設では処理できないもの

ホームページ掲載上の都合により、代表的な品目を紹介しています。
ごみや資源物の品目ごとの詳細な分け方・出し方については、家庭ごみ分別辞典(ごみQ&A・五十音順のページをあわせてご覧ください。

その他不明な点がありましたら、廃棄物対策課(電話0242-27-3961課直通)にお問い合わせください。

ごみ処理施設では処理できない品物の一例 処理方法
1.適正処理困難物:
(例)薬品など危険を伴うもの、ホイール付タイヤ、自動車部品、バッテリー、金属製タイヤチェーン(※乗用車用は搬入受入れ可)、消火器、コピー機、耐火金庫、農機具、農薬、農廃ビニール、プロパンガスボンベ、ボウリングの玉、ボイラー、井戸用ポンプ、ホームタンク、オイル等
販売店または市の許可を得た「生活系ごみ収集運搬許可業者」に処理を依頼してください。
2.テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコン
(家電リサイクル法に該当する製品)
「家電リサイクル法により市で収集・処理しないもの」のページをご覧ください。
3.家庭用パソコン
(デスクトップパソコン、ノートブックパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、ディスプレイ一体型パソコン等)
「家庭用パソコンのリサイクル」のページをご覧ください。
4.オートバイ 「オートバイの処理方法」のページをご覧ください。

 

処理料金

無料

持ち込む場所

  • 名称:会津若松地方広域市町村圏整備組合環境センター

 

持ち込みできる日時

月曜日から金曜日の午前8時30分から正午まで、及び午後1時から午後4時30分まで(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
※正午頃や夕方頃は混みあう場合がありますので、時間に余裕をもって早めにおいでください。

ごみ処理場へ持ち込む前に・・・

1.処理場に持ち込む前に、廃棄物対策課(電話0242-27-3961直通)にお申し込みください。
※持ち込む日、ごみの種類、ごみの量、排出者の住所、氏名、電話番号等をお聞きします。
※連絡は、持ち込む日の当日でもかまいません。

2.「燃やせるごみ」、「燃やせないごみ」、「資源物」に分別してから運搬する車両に積んでください。
※分別して積めば、ごみや資源物を車両から降ろす際にも、スムーズに行うことができます。

ごみ処理場での注意点

1.ごみや資源物は、分別ごとに、それぞれ車両から降ろす前と降ろした後、車両ごと計量します。

2.構内は、ごみ搬入車両等が多く通行します。事故防止のため、係員の指示に従って行動してください。

3.ごみや資源物の積み下ろし作業は、持ち込み者ご本人に行っていただきます。事故防止のため、「粗大ごみ」など、お1人で持てない重さのものがある場合は、複数名でお越し下さい

お問い合わせ