家庭用パソコンのリサイクルについて

2014年9月9日

不要になった家庭用パソコンは、「資源有効利用促進法」によりパソコン製造メーカーが直接回収を行っています。
市では収集・処理を行っておりませんので、お手数ですがご自身でお申し込みください。
 
このパソコンリサイクルでは環境法令をクリアした国内の再資源化センターで適切に処理されるため、不正に海外に輸出されることはありません。
レアメタル等の資源が再資源化されるだけでなく、データ消去等もメーカーが責任をもって行うため情報漏洩の心配もありません。
ややお手間はかかりますが、安心・安全な処理方法ですのでご理解ください。

メーカー受付窓口の調べ方

『パソコン3R推進協会』のHP(ここをクリック!)を開き、以下の方法で受付窓口をお調べいただくのがおすすめです。
 ※画面は平成26年9月のものです。

1 リンク先を開くと、トップページが表示されます。
パソコンリサイクル1.png
2 「家庭用PCリサイクル」のタブ(画像のマル印)をクリック
パソコンリサイクル2.png
3 次に表示されるページの「メーカー受付窓口一覧」(画像マル印)をクリック
パソコンリサイクル3.png
4 メーカーの連絡先一覧が表示されます。お手持ちのPCのメーカーをお調べください。
パソコンリサイクル4.png


PCリサイクルの対象となる機器


  • デスクトップパソコン本体
  • ノートブックパソコン
  • CRT(ブラウン管型)ディスプレイ
  • CRT(ブラウン管型)ディスプレイ一体型パソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • 液晶ディスプレイ一体型パソコン

※購入時の標準添付品も、一部を除き一緒に回収します。(例:マウス、キーボード、スピーカー、ケーブルなど)


PCリサイクルの対象とならない品物


  • パソコン付属の取扱説明書、各種マニュアル、CD-ROM、フロッピーディスクなどの記録メディア
  • ワープロ(ワードプロセッサ専用機)
  • プリンター
  • スキャナー
  • PDA(携帯情報端末)
  • ゲーム機本体
  • ワークステーション、サーバー等


PCリサイクルマークの付いているパソコンの処理方法

 

PCリサイクルマーク

「PCリサイクルマーク」は、原則として平成15年(2003年)10月以降に販売された家庭向けパソコンに貼付されているものです。

PCリサイクルマークの付いているパソコンは、購入時にリサイクル料金が含まれているので、排出時には消費者がリサイクル料金を負担することなく、メーカー等が使用済みパソコンを引き取ります。

※銘盤または銘盤周辺にPCリサイクルの表示があります。
※実際のリサイクルマークは、カラーではない場合もあります。

 

  1. パソコン製造メーカーから「エコゆうパック伝票」を送付してもらう。
  2. パソコンを簡易梱包し、「エコゆうパック伝票」を添付する。
  3. 「エコゆうパック伝票」に記載されている郵便局に連絡し、自宅まで引き取りに来てもらうか、最寄りの郵便局窓口へ持ち込む。
  • 別途郵送料などの費用はかかりません。

 

PCリサイクルマークの付いていないパソコンの処理方法


PCリサイクルマークの付いていないパソコンは、リサイクル料金に関する費用負担が行われていないため、排出時に消費者がリサイクル費用を負担します。

  1. パソコン製造メーカーから「PC回収再資源化料金」の振り込み用紙を送付してもらい、振り込み用紙に記載された指定の場所で、リサイクル料金を支払う。
  2. パソコン製造メーカーから「エコゆうパック伝票」を送付してもらう。
  3. パソコンを簡易梱包し、「エコゆうパック伝票」を添付する。
  4. 「エコゆうパック伝票」に記載されている郵便局に連絡し、自宅まで引き取りに来てもらうか、最寄りの郵便局窓口へ持ち込む。

PCリサイクルに関するお問い合わせ


パソコンの製造メーカーが分からない、リサイクル料金が分からないなど、不明な点がありましたら下記「パソコン3R推進協会」にお問い合わせください。



その他のごみに関するお問い合わせ