風力発電のページ

2019年2月22日

【冬季閉鎖中】背あぶり山レストハウス内で「パネル展」を開催しています

 背あぶり山レストハウス内に、風力発電施設「会津若松ウィンドファーム」をはじめとする市内の再生可能エネルギー施設や、近隣地域の自然・環境に関する情報などをまとめたパネルを展示しています。

 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

  • 展示内容
  • 風力発電をはじめとする市内の再生可能エネルギー
  • 猪苗代湖の水環境保全
  • 湊町ガイドマップ
  • 背あぶり山の自然
  • 会津若松ウィンドファームなどの紹介映像
  • 展示場所

    背あぶり山レストハウス内

  • 展示時間
  • 午前8時30分~午後4時(6月~8月)
  • 午前9時~午後3時(5月、9月~11月) ※冬期間は降雪のため閉鎖となります。
  • フォトギャラリー
                                                                                                    
風車   風車写真(関白平付近より2)   レストハウスパネル展示1
 
レストハウスパネル展示2   レストハウスパネル展示3   レストハウスパネル展示4

 
  • 背あぶり山のホームページ(一般財団法人会津若松市公園緑地協会)は、こちら【外部サイト】からご覧いただけます。
 
 

バックナンバー

 

  • 「会津若松ウィンドファーム」運転開始
  平成27年7月、背あぶり山(会津若松市東山町地内)において、市内初の風力発電所である「会津若松ウィンドファーム」の運転が開始されました。
  • 発電容量(最大出力) 16,000キロワット(2,000kW×8基)
  • 予測発電量 約4,100万kWh(約9,850世帯分の電気使用量)
  • 事業者 エコ・パワー株式会社

 

                                                              (写真は、背あぶり山公園の関白平付近より撮影)

 平成25年度より基礎工事等を開始し、平成26年秋には風車8基の据付工事が完了しました。関白平付近より.JPG

 平成27年2月から試運転を行い、同7月から本格的に運転を開始しています。

 

 

  • 環境影響評価書の縦覧が実施されました。

  福島県環境影響評価条例に基づき「会津若松ウィンドファーム(仮称)事業に係る環境影響評価書」についての縦覧が実施されました。

  • 実施期間:平成24年8月10日(金)から平成24年9月10日(月)まで
  • 縦覧の場所::○福島県生活環境部 環境評価景観室 ○福島県会津地方振興局 企画商工部 ○会津若松市役所 環境生活課 ○会津若松市役所 各支所・市民センター ○猪苗代町役場 企画財務課

 

 

  • 風力発電事業計画における環境影響評価準備書の縦覧が実施されました。

   福島県環境影響評価条例に基づき『会津若松ウィンドファーム(仮称)事業に係る環境影響評価準備書』についての縦覧が実施されました。

  • 閲覧期間:平成23年10月21日(金)~同年11月21日(月)
  • 閲覧の場所:○福島県生活環境部 環境評価景観室(県庁西庁舎8階) ○福島県会津地方振興局 企画商工部 ○会津若松市役所 環境生活課 ○会津若松市役所 各支所・市民センター ○猪苗代町役場 企画財務課
  • お問い合わせ:エコ・パワー(株) 事業開発部 環境影響評価担当
    郵便 141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング1号棟5階
    電話03(5487)8560 FAX03(5487)8570
    E-mail:ecopower@eco-power.co.jp

 

  • これまでの地区説明会で出された主な質問と事業者による回答

 

  • (質問)低周波の影響はないのか?
  • (回 答)環境省による他所の調査結果によれば、風力発電施設から約680m離れた地点では、明確な騒音・低周波の変化は確認できなかったとされている。背あぶ り山の場合は、風力発電施設から最も近い西田面地区の民家との距離が約1,400mとなっていることから影響は考えにくい。今回の準備書では、現場におけ る低周波音の測定や海外の低周波に関するデータ等も勘案し「影響無し」との結論を出しているが、環境省の調査が継続中であり、この最終的な結果が出ればそ れに従うことになる。
  • (補足)環境省における低周波の影響についての調査内容は、本ページ末尾のリンク先にてご確認ください。

  • (質問)風車建設後のテレビへの影響は?
  • (回答)NHKの関連業者に調査を委託しており、デジタル化後は影響無しとの回答を得ている。ただ、地形等複雑な要因が考えられるので建設前後で調査を実施し、それが風車の建設によるものであると判断される場合には対応することになる。

  • (質問)背あぶり山に風車が建つことにより景観に影響が出るのではないか?
  • (回答)背あぶり山周辺は、市内で唯一の風力発電についての好条件のポイントであり、既に建っているテレビ塔などがそうであるように背あぶり山と共生できる施設になると考えている。

  • 風力発電の説明会が開催されました。
  福島県環境影響評価条例に基づき『会津若松ウィンドファーム(仮称)事業に係る環境影響評価準備書』についての説明会が開催されました。
  • 1回目 日時:平成23年11月5日(土)16:00~18:00 場所:湊公民館(会議室)
  • 2回目 日時:平成23年11月6日(日)10:00~12:00 場所:会津若松市文化センター「文化ホール」
  • 主な内容:
    環境影響評価方法書に基づき、風力発電が建設された場合の環境への影響を調査した結果をまとめた「準備書」の内容についての説明でした。この「準備書」は最終的に「評価書」としてまとめられます。

  • 順延となっていた背あぶり山に設置が計画されている風力発電の説明会が開催されました。

  • 1回目 日時:平成23年5月21日(土) 場所:湊公民館
  • 2回目 日時:平成23年5月22日(日) 場所:会津若松市文化センター「展示室兼会議室」
  • 主な内容:(1回目2回目とも内容は同じです)
    ・風力発電の歴史と日本の現状
    ・風力発電の「強み」と「弱み」
    ・風力発電と環境影響について
    ・背あぶり山における設置計画について

  • 背あぶり山に設置が計画されている風力発電の説明会は開催中止となりました。
  • 平成23年3月26日(土)「会津若松市文化センター」、 3月27日(日)「湊公民館」において開催を予定しておりました風力発電の説明会につきましては、東北地方太平洋沖地震の市民の皆様への影響等を考慮し、 事業者において中止の決定がなされましたので、お知らせいたします。(今後の説明会の開催については、未定となっていおります。)

  • (仮称)会津若松ウィンドファーム事業(風力発電事業)に係る環境影響評価方法書の縦覧について(終了しました)。
  • 実施期間:平成20年12月25日(木)~平成21年1月29日(木)
  • 縦覧の場所
  • 福島県環境評価景観室(県庁西庁舎8階)
  • 福島県会津地方振興局県民環境部環境課
  • 会津若松市役所市政情報コーナー(栄町第2庁舎)、各支所及び各市民センター、中央公民館

風力発電関連のリンク

 
  • 国・県関係

お問い合わせ

  • 会津若松市役所環境生活課
  • 電話:[39-1221]
  • FAX:[39-1420]
  • メール送信フォームへのリンクメール

地図

背あぶり山

関連ワード