会津若松市民憲章

2022年5月26日

会津若松市民憲章(前文・憲章文)について

会津若松市民憲章 (昭和43年5月3日制定)


前文
 会津若松市は、会津の中心都市としてながい歴史と伝統につちかわれて発展してまいりました。
 会津若松市民は、明治戊辰100年を迎えて先人の偉業をしのび、よりよい郷土を築くために平和・創造・繁栄の3つの誓いをたて、市民の歩む道しるべとして市民憲章を制定しました。
 私たち市民は、責任と誇りをもった市民意識の上に立って、会津若松市を民主的な近代都市として大きく前進させるために、具体的目標を定め、心をあわせて、これを実践するよう努めるものであります。

一、親切をつくし 住みよいまちをつくりましょう
一、きまりを守り 明るいまちをつくりましょう
一、健康で働き 豊かなまちをつくりましょう
一、環境をととのえ 美しいまちをつくりましょう
一、自然と文化財とを愛し ゆかしいまちをつくりましょう
一、教養を高め 文化のまちをつくりましょう

この市民憲章の精神を市民全体に広め、先頭に立って市民憲章を実践していく組織として、市民憲章推進委員会が設立されました。
 

会津若松市民憲章推進委員会委員長あいさつ


 
委員長の写真
 

 会津若松市民憲章のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 この度、令和3年度会津若松市民憲章推進委員会委員長に就任致しました、田澤と申します。どうぞ宜しくお願いいたします。
 戊辰100周年を契機として、先人の偉業をしのび、より良い郷土を築くため、会津若松市民憲章は市民の道しるべとして、昭和43年5月3日に制定されました。
 昨今は、新型コロナウイルス感染症の影響により、人との繋がりが希薄化しつつあると感じている方もいるかもしれません。しかし、そのような時でも人との繋がりを感じる方法があると考えます。それは、一人ひとりによる市民憲章の実践です。住みよいまちをつくるには、一人ではなく多くの人の力が欠かせません。市民憲章に掲げられた各目標も同様に、多くの人に共有され、実践された時に初めて大きな成果を生むものだと感じております。今より先の未来に、会津若松市が少しでも住みよいまちだと多くの人に感じてもらうためにも、市民憲章の重要性を問い直す時期にあるのではないでしょうか。
 私たちはこれまでの歩みを礎として、市民の皆様、関係団体、会員の皆様と連携を図りながら、さらなる市民憲章の普及と実践活動に努めて参りますので、どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

会津若松市民憲章推進委員会委員長 田澤豊彦

 

 

 

 

会津若松市民憲章推進委員会の活動について

 会津若松市民憲章推進委員会では、市民憲章の理念のもとに、1年を通して様々な活動を行っています。

 詳しくは、以下のリンクから御覧ください。

 

市民憲章推進委員を募集しています

 市民憲章の精神は、実践していかなければその意義が失われてしまいます。
 市民一人ひとりが、今、できることから取り組みを始めることが、住みよいまちづくりにつながります。 
 市民憲章推進委員会では、一緒に活動する推進委員を随時募集しており、市民憲章の普及・啓発と、市民の皆さんが心を合わせて取り組むことのできるような実践活動を企画・推進しています。
 市民憲章の活動に興味のある方は、お気軽に下記事務局までお問い合わせください。
 
 

市民憲章の看板

 
市民憲章の看板(栄町第二庁舎)
「市民憲章」の看板
 平成30年12月19日設置(市役所栄町第二庁舎前)

市民憲章の碑

 
市民憲章の碑(本庁舎)
○「市民憲章」の碑
 昭和43年11月3日設置(旧会津若松市民会館敷地内から市役所本庁舎前に移転)
 
市民憲章の碑(文化センター)
○「市民憲章」の碑
 昭和63年12月17日設置(会津若松市文化センター敷地内)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市民憲章推進委員会事務局(会津若松市役所 環境生活課 住民自治グループ 内)
  • 所在地:〒965-0873 会津若松市追手町2番41号
  • 電話:0242-39-1221
  • FAX:0242-39-1420
  • メール送信フォームへのリンクメール