市民憲章制定50周年記念事業について

2020年8月31日

津若松市民憲章推進委員会では、平成30年に市民憲章制定50周年を迎えたことを記念して、「市民憲章制定50周年記念事業」を開催しました。

 

会津若松市民憲章制定50周年記念事業実行委員会実行委員長あいさつ

 

~市民憲章制定50周年記念事業を終えて~

 

   会津若松市民憲章は、戊辰100周年を契機として、先人の偉業をしのび、会津若松市をよりよい郷土とするために平和・創造・繁栄の3つの誓いをたて、市民の歩む道しるべとして昭和43年に制定されておりますが、平成30年に市民憲章制定50周年を迎えたことから記念事業を実施したところです。
 平成30年10月27日には記念式典を行い、市民憲章制定50周年に際し、会津若松市民憲章推進委員会の役員として永年にわたり務められ、市民憲章運動の発展、理念実現に貢献された推進委員の方々に感謝状を贈呈いたしました。
 また、よりよい郷土をつくるための学びの場となるよう講演会及び研修会を開催いたしました。

  さらに、市民の皆様に市民憲章を知っていただくため、市役所の栄町第二庁舎前に50周年記念看板を設置し、市に贈呈するとともに、平成30年12月27日には除幕式を行っております。
 結びとなりますが、市民憲章制定50周年を契機として、次の世代によりよい会津若松市を引き継いでいけるよう、市民憲章のさらなる普及、啓発に努めてまいる所存であります。  

会津若松市民憲章制定50周年記念事業実行委員会実行委員長 田澤 豊彦 実行委員長.jpg

 

目次

 

市民憲章制定50周年記念式典

 平成301027日、会津若松ワシントンホテルにおいて市民憲章制定50周年記念式典を開催しました。
 この記念すべき節目にあたり、式典の席上において、市民憲章の理念実現のため貢献された方々に、会津若松市長より感謝状を贈呈しました。
 また、市民憲章運動のさらなる周知と実践を行い、次の世代によりよい会津若松市を引き継いでいくため、市民憲章推進宣言文を読み上げ、出席者一同、決意を新たにしました。 

 

会津若松市民憲章推進宣言


 会津若松市は、緑豊かな山々に囲まれた、自然の恵み豊かなまちであり、また、長い歴史につちかわれた城下町であります。
 私たちは、この素晴らしい会津若松市を先人から引き継いでまいりました。
 この会津若松市の伝統と文化を守り、子どもから高齢者の方まで、さらに住みよいまちにするために、私たちは、市民憲章という目標を定め、心をあわせて、日々これを実践しております。
 今年は会津若松市民憲章制定から50周年という記念すべき節目の年を迎えることとなりました。
 ここに、市民憲章運動のさらなる周知と実践を行い、次の世代によりよい会津若松市を引き継いでいくことを決意し、宣言いたします。
   

 平成30年1027

 会津若松市民憲章推進委員会

 

市民憲章運動推進第9回東北ブロック研修会

 平成301027日から28日にかけて、市民憲章運動推進第9回東北ブロック研修会を開催しました。
 研修では、東北各地の4団体が活動事例発表を行い、コーディネーターの三輪真之先生から、市民憲章運動推進に向けた今後の取組について、アドバイスなどをいただきました。

 

市民憲章制定50周年記念講演会

  平成301027日、市民憲章制定50周年を契機に、私たちがよりよい郷土をつくっていくための学びの機会を設けることとし、昭和女子大学歴史文化学科の講師である遠藤由紀子先生による記念講演会を開催しました。
 講演では、会津の先人である大山捨松(山川捨松)の生涯と、功績などについてのご講話をいただき、郷土の歴史と人物について再認識する機会となりました。 

 

市民憲章制定50周年記念看板の贈呈

  記念看板は、市民の皆様への市民憲章のさらなる周知のため、市役所栄町第二庁舎前に設置いたしました。

  平成301219日、6つの憲章文を記載した記念看板を会津若松市に贈呈し、平成30年12月27日に除幕式を開催しております。

 

【除幕式の様子】

 看板贈呈.jpg

 

 

市民憲章制定50周年記念誌の作成

 

 市民憲章の制定から現在までの実践活動を、記念誌にまとめました。

 詳しくは、下記ファイルより御覧ください。

 

 

 制定50周年記念誌.jpg

 市民憲章定50周年記念誌.pdf(3MB)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市民憲章推進委員会事務局(会津若松市役所 環境生活課 住民自治グループ内)
  • 電話番号:0242-39-1221
  • ファックス番号:0242-39-1420
  • メール