新たな土砂災害の発生のおそれのある箇所の公表について

公開日 2024年06月13日

 近年の土砂災害の発生状況を踏まえ、国土交通省が土砂災害防止対策基本方針を変更したことに伴い、福島県では、高精度の地形図から土砂災害が発生するおそれのある箇所を新たに抽出しました。この抽出により、会津若松市では新たに312箇所(土石流:18箇所、急傾斜地:294箇所)が公表になりました。既存の土砂災害警戒区域等と併せて確認し、いざという時には早めの避難行動をとるように心がけてください。

 

※今回の公表箇所は、基礎調査(現地調査)の前段階のため、全てが危険を伴う区域であるとは限りません。また、直ちに建物の建築等に規制が発生するものではありません。

 

公表された箇所について

位置図(会津若松市1/2)[PDF:10.6MB]

位置図(会津若松市2/2)[PDF:10MB]

 

今後の予定

 抽出された箇所については、県において令和7年度以降に現地を測量するなど詳細な調査を実施し、危険性の度合いや範囲を定め土砂災害警戒区域等として指定される予定です。新たに公表された箇所につきましては、福島県ホームページでも閲覧できます。(県HP:https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41045c/arata.html)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所危機管理課
  • 電話番号:0242-39-1227
  • ファックス番号:0242-26-6435
  • メール