パブリックコメント 会津若松市手話言語及びコミュニケーション手段に関する条例(案)へのご意見をお寄せください

2022年12月28日

 

※令和4年12月27日でご意見募集期間は終了しました。ご協力ありがとうございました。

 

会津若松市手話言語及びコミュニケーション手段に関する条例(案)について、広く意見を募集します。
募集については、お知らせをご覧ください。

 

会津若松市手話言語及びコミュニケーション手段に関する条例(案)の内容

 

パブリックコメントのお知らせ.pdf(75KB)

条例(案)に関する資料.pdf(163KB)

条例(案).pdf(93KB)

条例(案)概要版.pdf(119KB)

拡大文字版

 

パブリックコメントのお知らせ(拡大版).pdf(75KB)

条例(案)に関する資料(拡大文字).pdf(110KB)

条例(案)(拡大文字).pdf(93KB)

ルビ入り版

 

条例(案)ルビ入り.pdf(104KB)

 条例(案)の解説の手話動画をYouTube上で公開しています。

 

 

閲覧場所

また、次の場所でも閲覧することができます。

 

  閲覧できる場所 閲覧できる日時
1 障がい者支援課 土日、祝日を除く 午前8時30分から午後5時まで
2 市政情報コーナー
3 湊市民センター
4 大戸市民センター
5 北市民センター
6 南市民センター
7 一箕市民センター
8 東市民センター
9 北会津支所(まちづくり推進課)
10 河東支所(まちづくり推進課)

 

お問い合わせは、健康福祉部障がい者支援課(下記のお問合せ先)までお願いします。

(各支所・各市民センターには担当者がおりませんので、詳しいお問合せにはお答えできません。)

 

点字版の資料も閲覧できます

障がい者支援課および市政情報コーナーでは、点字版の資料を閲覧することができます。

各支所・各市民センターで点字版の資料を閲覧したい方は、障がい者支援課までご連絡ください。

 

公表・意見募集期間

 令和4年11月28日(月)から令和4年12月27日(火)まで(必着)

 

意見を提出できる方

  1.  市の区域内に住所を有する方
  2. 市の区域内に通勤、通学する方
  3. 市の区域内で活動する個人または団体

 

意見の提出方法

 別紙「会津若松市手話言語及びコミュニケーション手段に関する条例(案)に対する意見書」に記入のうえ、下記のいずれかの方法により、提出してください。

 

意見書(Word).docx(11KB)

意見書(オープンオフィス).odt(15KB)

意見書(PDF).pdf(42KB)

提出先

  • 会津若松市役所障がい者支援課(栄町第二庁舎1階)へ直接提出(各閲覧場所への提出も可能です)
  • 郵送で提出:〒965-8601(住所記載不要)障がい者支援課 あて
  • ファックスで提出:0242-39-1430
  • 電子メールで提出:shougaishashien@tw.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp

 

 (留意事項)

  • 意見内容の確認が必要になる場合がありますので、必ず氏名・住所・電話番号等を記入してください。
  • 提出していただいた書面はお返しできません。
  • 個々のご意見に対し、直接回答はしませんのでご了承ください。
  • お寄せいただいたご意見やご提案を公表する際には、氏名など個人情報については公表しません。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 障がい者支援課
  • 965-8601
    福島県会津若松市栄町3番46号 栄町第二庁舎
  • 電話番号:0242-39-1241(直通)
  • ファックス番号:0242-39-1430(直通)
  • メール送信フォーム