小規模特認校制度が始まります。

2022年10月3日

小規模特認校とは

 文部科学省が、平成9年の教育改革プログラムの中で、児童数が減少し存続が危ぶまれる小学校において、小規模の良さを活かした「特色ある学校運営」を進める場合に限り、自治体全域から児童を集めることが認められる「小規模特認校制度」を創設しました。

 この制度を導入することにより、従来の通学区域は残したままで、特定の学校について、通学区域に関係なく、市内のどこからでも就学を認めることができます。

 

会津若松市での取組

 今後の児童生徒数の推移や地域の課題を踏まえながら「地域とともにある学校づくり」を目指して、地域の皆さんとともに今後の学校のあり方を検討してきました。そうした中、大戸地域から、少人数を生かしたきめ細かな指導や、地域の特色ある教育活動に共感する児童生徒をより多く受け入れたいと要望がありました。

 さまざまな検討を重ね、令和5年4月から、大戸小学校と大戸中学校に小規模特認校制度を導入することになりました。 

 小規模特認制度Q&A【6月版】.pdf(747KB)

 特認校パンフレット(大戸小学校版).pdf(755KB)

 特認校パンフレット(大戸中学校版).pdf(900KB)

 

 小規模特認校の効果・課題や地域の声については、市政だより(2022.7月号)をご覧ください。

 市政だより(小規模特認校制度).pdf(2MB)

 

就学できる条件

対象児童生徒

就学を許可する児童生徒は、次に掲げるすべての要件を満たすものとします。
・児童生徒が会津若松市に居住していること。または、特認校に就学を開始する日までに、会津若松市に転入する見込みであること。
・ 保護者が、特認校の教育活動に賛同し、積極的に協力できること。
・ 保護者が、安全な交通手段により児童生徒を通学させることができ、通学に要する経費を負担できること。

就学開始日と就学期間

 ・就学を開始する日は、原則として4月1日とします。ただし、教育委員会が特に認める場合はこの限りではありませんので、ご相談ください。
 ・就学する期間は、卒業までとする。ただし、教育委員会が特に認める場合はこの限りではありませんので、ご相談ください。

今後のスケジュール

令和4年8月5日 オープンスクール(学校説明会)

        午前9時~午前10時         大戸中学校(電話92-2510)

            午前10時30分~午前11時30分 大戸小学校(電話92-2504)

        ※事前に各学校へお申し込みください。

        ※8月5日以降も学校の見学が可能です。希望の際は各学校へお問い合わせください。

令和4年10月 申請受け付け開始

令和4年12月 申請受け付け締切(これ以降も受付可能です。)

令和5年1月   入学通知書送付

令和5年2月   入学説明会(各学校)

令和5年4月   入学式・始業式(各学校)

 

就学の手続き

 特認校への就学の許可を受けようとする保護者は、特認校への「指定校変更申請書」を教育委員会学校教育課に提出してください。

(入学許可は、特認校の校長とともにその内容を審査し、総合的に判断します。)

 特認校への指定校変更申請書.pdf(127KB) 特認校への指定校変更申請書.docx(16KB)

 ※上記申請書提出時には、保護者等の身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど。)の提示をお願いします。

 

お問い合わせ

[手続きに関すること]

  • 会津若松市教育委員会 学校教育課
  • 電話番号:0242-39-1303
  • ファックス番号:0242-39-1461
  • メール

[学校の様子や特色、見学に関すること]

  • 大戸小学校
  • 電話番号:0242-92-2504
  • 大戸中学校
  • 電話番号:0242-92-2510