水道事業経営戦略を策定しました

2021年3月25日

 国(総務省)においては、「公営企業を取り巻く経営環境は、今後の急速な人口減少等に伴うサービス需要の減少や保有する施設の老朽化に伴う更新需要の増大など厳しさを増しており、不断の経営健全化の取組が求められています」としており、このような中、各公営企業が将来にわたって住民生活に重要なサービスの提供を安定的に継続することが可能となるよう、令和2年度までの経営戦略策定を要請しています。

 本市水道事業においては、「水道事業ビジョン」を平成28年4月に策定しました。これは、利用者や市民の共有財産である水道事業の現状と課題、水需要の見通し等を踏まえて、将来の方向性を示す基本方針を明確にすることによって、今後50年、さらには100年を見据えた上で、平成28年度から平成37年度(令和7年度)までの10年間の水道事業経営に関する施策目標を定め、今後の水道づくりの指針として示したものです。

 また、平成28年12月に水道料金改定に伴う財政計画を策定しております。これは、新たな料金を適用する平成29年度から平成38年度(令和8年度)までの10年間の料金改定後の経営状況の見通しを示したものであり、これを「投資・財政計画」とするものです。

 そして、「水道事業ビジョン」と「投資・財政計画」を合わせて「経営戦略」として位置づけます。

 

  会津若松市水道事業経営戦略(2MB)

 

  会津若松市水道事業ビジョンのページへリンク

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 上下水道局経営企画課
  • 電話番号:0242-23-7227
  • ファックス番号:0242-22-6173
  • メール