会津若松市国土強靭化地域計画を策定しました

2021年9月8日

 国においては、東日本大震災の教訓を踏まえ、大規模自然災害等に備えた国土の全域にわたる強靭な国づくりを推進するため、平成25年12月に「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」(以下「基本法」という。)を公布・施行し、平成26年6月に同法に基づき国土強靱化に関係する国の計画等の指針となる「国土強靱化基本計画」を策定しました。
 基本法の中で地方公共団体は、地域の状況に応じて国土強靱化に関する施策の総合的かつ計画的な推進に関する基本的な計画を策定・実施することが求められており、県においては、平成30年1月に「福島県国土強靱化地域計画」を策定しています。
 本市としても、基本法の趣旨を踏まえ、国、県と連携しながら、大規模自然災害等から市民の生命と財産を守り、強さとしなやかさを持った安全安心な地域社会を構築することを目的として、「会津若松市国土強靱化地域計画」を策定しました。

会津若松市国土強靭化地域計画