赤井谷地散策会を開催しました!

2019年11月26日

国指定天然記念物「赤井谷地沼野植物群落」について、市民のみなさんを対象に湿原の保護・保全について理解を深めていただくための散策会を開催しました。

 

開催概要

  • 日時      令和元年10月20日(日)  午前10時~12時
  • 会場      国指定天然記念物「赤井谷地沼野植物群落」内
  • 講師      赤井谷地保存管理指導会議委員 日本大学 准教授 笹田勝寛 氏
  • 参加者    市民25名、関係者5名
  • 散策会の内容

  長年、赤井谷地の地下水や水質の調査に携わっている日本大学笹田准教授の案内により赤井谷地を散策しました。笹山原集会所を出発し、谷地北側の昭和天皇の行幸路を歩き一面のヨシ原を観察しました。かつて農業用のため池であったところでは、枯れた植物が堆積し、その表面に苔が生えて、足元がふかふかした状態となっている様子が確認できました。笹田先生によれば、「谷地が形成される過程なのかもしれない」との事でした。谷地を一望できる昭和天皇の歌碑がある丘を登り、旧道を歩いて笹山原公民館に戻る2時間弱の散策会でした。参加者からは、「また参加したい」「季節を変えて開催してほしい」との感想をいただきました。なお、赤井谷地については、湿原の保護のため、普段は立入り禁止となっておりますのでご注意ください。

笹田先生の説明を聞く.JPG笹田先生の説明を聞く参加者
谷地のヨシ原.JPG 谷地のヨシ原
谷地のコケ類.JPG 谷地のコケ類
 
天皇の歌碑.JPG昭和天皇の歌碑
天皇の歌碑より谷地を望む.JPG天皇の歌碑より赤井谷地を望む
 
 
 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市教育委員会 文化課
  • 電話番号:0242-39-1305
  • ファックス番号:0242-39-1272
  • メール

関連ワード