赤井谷地観察会開催延期のお知らせ

2021年8月3日

令和3年8月8日(日)に開催を予定しておりました、赤井谷地観察会は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、開催の延期を決定いたしました。

新しい日程は未定ですので、決まり次第ホームページ上でお知らせいたします。申込みいただきましたみなさまには大変ご迷惑おかけいたしますが、なにとぞご理解のほどよろしくお願いします。

 

開催日(延期となりました。開催日は未定です。)

 令和3年8月8日(日)

時間

 午前10時から12時まで(9時30分より受付開始)

集合場所

 笹山原公民館(会津若松市湊町大字赤井字笹山原164-1)

内容

 普段は立入りが禁止されている赤井谷地を長年調査に携わっている日本大学笹田勝寛准教授の解説・案内により散策し、赤井谷地の成り立ちや植物について学びます。夏休みの自由研究に役立つ内容です。詳しくは、昨年の開催内容をご覧ください。

定員

 小・中学生と保護者20名(先着順、定員となり次第締め切ります)

注意事項

  • 現地集合となりますので、地図で集合場所をご確認のうえ参加してください。
  • 小学生以下は、必ず保護者同伴で参加してください。
  • 湿地に入りますので、歩きやすい服装(長袖、長ズボンをおすすめします)と長靴で参加してください。
  • 防虫対策、タオル、飲料は各自ご持参ください。
  • 新型コロナウイルス感染症予防のため、マスクを着用のうえ参加してください。また、当日、発熱や体調不良の場合は参加をご遠慮ください。
  • 小雨決行ですが、大雨など気象状況により中止となる場合があります。
  • 新型コロナウイルス感染拡大により中止となる場合があります。

 

参加申込について

申込方法

 会津若松市教育委員会文化課まで電話・FAX・メールにてお申し込みください。

申し込み開始日

 7月5日(月) 午前8時30分から

申込先

  • 会津若松市教育委員会文化課
  • 電話番号:0242-39-1305

 

令和2年観察会の様子

  • 日時      令和2年8月2日(日)  午前10時~12時
  • 会場      国指定天然記念物「赤井谷地沼野植物群落」内
  • 講師      赤井谷地保存管理指導会議委員 日本大学 准教授 笹田勝寛 氏
  • 参加者    小学生とその保護者5組11名、関係者5名
  • 散策会の内容

 今年は、新型コロナ感染症対策のため、参加対象を主に会津若松市湊地区の小学生とその保護者に限定し、参加者の検温を行い、マスク着用での開催となりました。日本大学笹田准教授の案内により、谷地北側の昭和天皇の行幸路を歩きながら谷地の成り立ちや、植物について説明していただきました。特に食虫植物の説明には、参加した子どもたちも大いに関心を持ったようで、熱心にメモを取る様子も見られました。かつて農業用のため池であったところでは、枯れた植物が堆積し、その表面に苔が生えて、足元がふかふかした状態となっている様子を体感しました。参加した子どもたちも興奮した様子でした。参加者からは、「赤井谷地の現状を初めて知ることができた」「来年もぜひ参加したい」との感想をいただきました。なお、赤井谷地については、湿原の保護のため、普段は立入り禁止となっておりますのでご注意ください。

散策会2020-1 笹田先生の説明にうなずく参加者
散策会2020-2 谷地の成り立ちについて説明を受ける様子
散策会2020-3.jpg 食虫植物の説明
 

お問い合わせ

  • 会津若松市教育委員会 文化課
  • 電話番号:0242-39-1305
  • ファックス番号:0242-39-1272
  • メール

地図

集合場所(笹山原公民館)

関連記事

関連ワード