会津大学・會津稽古堂連携講座を開催しました

2019年12月10日

令和元年度会津大学・會津稽古堂連携講座を開催しました(事業報告)

會津稽古堂では会津大学と連携して行う講座を実施しています。

令和元年度は、8月24日(土)に「情報セキュリティ」、10月5日(土)に「身近にあるデータを活用しよう!」を実施しました。

また、11月11日(月)、11月18日(月)、11月25日(月)には「太極拳で健康づくり」を実施しました。

その様子について掲載します。

 

「太極拳で健康づくり」講座の様子

講師を務めていただいたのは、会津大学コンピュータ理工学部 文化研究センター 上級准教授 池本淳一先生です。池本先生は社会学や武術史の研究をされながら、ご自身でも太極拳をはじめとした武術を修めてこられました。

今回は全3回の連続講座として、太極拳を基にした体力と健康づくりのための軽運動を教えていただきました。呼吸を使った横隔膜のストレッチ、肩が力まない腕の上げ下げ、膝や腰の負担が少ない立ち方・歩き方などを、初心者の方にもわかりやすく教えていただきました。太極拳の魅力と、健康で生き生きと人生を過ごし続けるヒントを学ぶ講義となりました。

 

太極拳で健康づくり1.JPG  太極拳で健康づくり2.JPG

感想

  • 楽しい時間が過ごせた。リフレッシュになった。(40代、女性)
  • とても楽しく気持ちよく学べました。引き続きやってみたいと思います。(50代、女性)
  • 日常生活でふとした瞬間にやりたい。(60代、男性)

 

「情報セキュリティ」講座の様子

講師を務めていただいたのは、会津大学コンピュータ理工学部コンピュータ・サイエンス部門上級准教授の中村 章人先生です。

この講座では、実例などを取り上げながら、PCやスマートフォン等が普及してきたことで問題として出てきた「情報セキュリティ」について学びました。

最近の事件や被害の発生件数の移り変わりなどを参考にしながら、どうすれば被害者にならないで済むのかということだけでなく、加害者にならないためにどうすればよいのかといったことをわかりやすく解説していただきました。

感想

  • 幅広い事例をわかりやすく解説していただき参考になった。
  • PC生活の参考になった。広めていきたい。
  • 職場でも対策していきたい。

 

「身近にあるデータを活用しよう!」講座の様子

講師を務めていただいたのは、会津大学の石橋 史朗先生です。

石橋先生は、産学の連携に力を入れて研究しています。

この講座では、ビックデータやオープンデータが、民間企業でどう扱われているかや、実際に組み合わせるとどういったことが見えてくるのかを実例などを交えながら講義が行われました。

 例えば、市の公用車が急加速や急ブレーキ、急ハンドルをきった場所と交通事故の発生データを組み合わせると、その箇所が酷似しているといったお話がありました。

後半には、表計算ソフトを使って国の統計データの分析を実際に行いました。

気温と購入されるもの・購入額の関係性を見てみると、気温によって差があるもの、差がないものなどもグラフ化することで、関係性が一目で見えるようになり、参加者が興味津々に講義を受けていました。

感想

  • データでいろいろな情報を得られる。
  • 身近なデータを例で説明があり、わかりやすかった。
  • 農業にも生かせるのではと参考になった。

 

Twitter および Facebook をご覧ください!

 Twitter および Facebook 上にて生涯学習総合センター【會津稽古堂】からのお知らせを発信しています。
 Twitter 會津稽古堂 ページ ※Twitter のページにジャンプします。

 Facebook 會津稽古堂 ページ ※Facebook のページにジャンプします。

お問い合わせ

  • 会津若松市教育委員会 生涯学習総合センター(會津稽古堂)生涯学習グループ 
  • 電話番号:0242-22-4700
  • ファックス番号:0242-22-4702
  • メール