過去の論作文課題、集団討論課題

2018年4月10日

1 市職員(大学卒程度)採用候補者試験第二次試験  論文課題

平成29年度

  • (前期)福島県では、急性心筋梗塞の死亡率や肥満者の割合など、様々な健康指標が悪い結果になっている。住民の健康づくりの意義をまとめた上で、会津若松市役所としてどのような取組を進めるべきか、論じなさい。
  • (前期)日本社会において、ベテラン職員の離職により、技術・知識の継承が困難になっている。この問題の背景にはどんなことがあるのか、また、解決策について論じなさい。
  • (後期)あなたの考える「会津若松市の特徴」をひとつ指摘したうえで、会津若松市が行うべき行政施策や行政サービスについて、あなたの考えを述べなさい。

平成28年度

  • (前期)ワークライフバランスについて、自分自身の職業観を踏まえて、あなたの考えを述べなさい。
  • (前期)ニートと呼ばれる人々について、自分自身の職業観を踏まえて、あなたの考えを述べなさい。
  • (後期)今後も増加が見込まれる高齢者の単身世帯の問題点、そして行政の果たしうる役割について、あなたの考えを述べなさい。
  • (後期)あなたがJR会津若松駅周辺の整備事業の責任者となった場合、どのようなまちづくりを進めていくか、その理由も含め、あなたの考えを述べなさい。

平成27年度

  • (前期)あなたが、今後、会津若松市の中で重要度が増すと考える施策や事業を一つ挙げ、そう考える理由と、あなたが担当した場合どのように進めていきたいか述べなさい。
  • (後期)全国的に空き家問題が取り上げられており、今後、会津若松市でも空き家が増加することが懸念されています。
    空き家増加によって発生する問題とその解決策について、あなたの考えを述べなさい。

平成26年度

  • (前期)様々なところで「格差」といわれ、その拡大が社会問題となっています。様々ある「格差」のうち、あなたが最も関心のある「格差」について一つ挙げ、「格差」が生じる背景、それを解消するためにはどうしたらよいか、あなたの考えを述べなさい。
  • (後期)11月に発表された労働力調査の中で、非正規の職員・従業員の割合は37.1%と示されました。非正規雇用が増加する背景とその影響、また行政が取り組むべきことについてあなたの考えを述べなさい。

平成25年度

  • 最近気になった事柄から、「現代はどういった道徳・倫理観の社会なのか」についてあなたの考えを書き、その社会の中で、あなたはどういった役割を果たしていきたいのか述べなさい。
  • (追加募集)会津若松市を、誰もが「会津若松市に住みたい」、「会津若松市を訪れたい」と思えるような魅力あるまちにしていくためにどのような取り組みが必要か、あなたが思う会津若松市の「強み」と「弱み」について触れながら、あなたの考えを述べなさい。

平成24年度

  • わたしたちが安心・安全に生活できるようにするために、会津若松市はどのような取り組みをすべきか、あなたの考えを述べなさい。

平成23年度

  • 会津若松市の公共交通機関である路線バスは利用者の減少により、その存続が危ぶまれています。路線バスの存続のため、利用者増を図るには、どのような 取り組みが必要か論じなさい。
  • 限られた行政資源(予算、人材など)の中で、多様化する市民ニーズに対し、市民の方が納得・満足していただけるサービス を提供するにはどのような工夫をしていったらよいか論じなさい。

平成22年度

  • あなたが考える会津若松市の課題について一つあげ、そう考える理由と、その課題に向けてどのように取り組むべきか、あなたの考えを述べよ。

2 市職員(大学卒程度)採用候補者試験第二次試験  集団討論課題

平成29年度

  • (前期)東京オリンピック、パラリンピックにおいて、会津若松市はタイ王国のホストタウンの認定を受けており、将来の観光誘客にも役立てたいと考えています。タイの選手等を受け入れる上で、どんな課題があるかを整理し、会津若松市役所としてどんな取組をすればよいか、また、その取組を進める上で問題となる点について検討し、グループとして意見をまとめてください。なお、1分間の意見発表の際には、まず、タイの選手等を受け入れる上でどんな課題があるかについてまで発表してください。
  • (前期)皆さんの手元に会津若松市内のある地域の写真があります。写真からこの地域の様々な課題を整理し、その中で会津若松市役所として取り組むべきことを検討し、その取り組みを進める上で問題となる点について、グループとして意見をまとめてください。なお、1分間の意見発表の際には、まず、写真から挙げられる課題について発表してください。
  • (後期)女性が職業生活において能力を発揮し、活躍できる環境を整備することが求められています。この実現に向けて、現在の職業生活における女性の現状を様々な面から考察・整理した上で、女性が職業生活においてこれまで以上に活躍できるようにするためにどのような取組が必要か、グループで検討してください。その上で、取組を進める上で問題となる点についても、グループとして意見をまとめてください。

平成28年度

  • (前期)会津若松市を訪れる外国人観光客を倍に増やしたいと考えています。特にどのような取り組みをしたらよいか、チームで議論して意見をまとめてください。
  • (前期)あなたがたのグループに対して500万円をお渡しするとします。この500万円使った「会津若松市のためになる」事業を考えてください。そしてグループで議論し、グループ全体として500万円をどのような事業に使うか、まとめてください。
  • (後期)現在、会津若松市内の空き店舗が増えています。空き店舗が増えることで、買い物に困る人が増えるなど様々な問題があります。
    このことについて、市内の空き店舗が増えていることで生じることの課題をまず整理し、どのような取り組みをすればよいか、グループで議論し意見をまとめなさい。

平成27年度

  • (前期)近年、自治体における町内会・自治会への加入率が低下するなど、地域コミュニティの希薄化が懸念されています。そこで、みなさんが市職員として地域コミュニティを活性化していく立場に置かれていると想定し、その背景について分析・整理したうえで、地域コミュニティの活性化方策について討論し、グループとしての意見をまとめなさい。
  • (後期)東京圏における高齢者の医療・介護問題と地方における人口減少問題の解決策の1つとして、「高齢者の地方移住」が挙げられております。
    「高齢者の地方移住」について賛成か反対かグループの意見をまとめ、その立場から考えられる課題とその対応策についてまとめなさい。

平成26年度

  • (前期)「少子高齢化の進行に伴う労働力不足対策として外国人就業者を増やすこと」は賛成か反対かグループの意見をまとめ、その立場から考えられる課題とその対応策についてまとめなさい。
  • (後期)「日本でのカジノ営業」に賛成か反対かグループの意見をまとめ、その立場から考えられる課題とその対応策についてまとめなさい。
  • (後期)「救急車をタクシー代わりに利用することが問題となっています。その対策として救急車を有料化する」ということに賛成か反対かグループの意見をまとめ、その立場から考えられる課題とその対応策についてまとめなさい。

平成25年度

  • 会津若松市のご当地アイドルグループ「イイツル」(※架空のグループです)を全国に売り込むための戦略をグループでまとめなさい。
    「イイツル」とは・・・男性2人、女性2人の4人で構成。全員19歳で会津若松市内在住、このグループ活動に専念しています。
  • (追加募集)ある自治体では、同世代の男女に出会いの場を提供する「街コン」事業の実施が検討されています。「婚活」を応援することで少子化に歯止めをかけようという狙いですが、「税金でコンパを支援するのか」との異論もあります。
    このような事業実施の検討にいたる背景を踏まえ、この事業の実施の是非について、メリット、デメリットを論じたうえで、グループとしての意見をまとめてください。

平成24年度

  • 本市においても郊外への大型店等の出店に伴い商店街の衰退がみられますが、商店街の活性化に向けてどのような取り組みをしたらよいか、グループの意見をまとめなさい。
  • (再募集)コンビニで必ず販売すべきと思うものを3点選び、優先順位と理由をまとめてください。

平成23年度

  • コンビニエンスストアの24時間営業を規制すべきかどうかの是非について話し合い、一定の結論をまとめなさい。
  • 防犯を目的としたカメラが街の中に設置してある「監視カメラ社会」の是非について話し合い、一定の結論をまとめなさい。

平成22年度

  • 「豊かな社会」の実現のために、行政は何をすべきか自由に討論してください。

 

3 市職員(高校・短大卒程度)採用候補者試験第二次試験作文課題

平成29年度

  • 社会生活において、様々な場面で他者と話をする際、あなたが気をつけていることや工夫していることについて、あなたのこれまでの経験を交えて記述しなさい。
  • 保育士として、自らの健康管理の重要性について述べるとともに、あなたが実行していること、又は実行しようとしていることについて、その効果を含め述べなさい。

平成28年度

  • これまで生きてきた中で、最も心に残っている言葉について述べなさい。

平成27年度

  • あなたが思い描いている「プロとしての公務員」について述べなさい。

平成26年度

  • 「会津若松市を魅力的にするために自分ができること」について書いてください。

平成25年度

  • あなたは、会津若松市を全国に紹介するTV番組を作ることになりました。番組をどのようなものにしたいか、その理由とともにあなたの考えを書いてください。

平成24年度

  • あなたが迷惑だと思うことについて具体的に書き、それをなくすためにはどうしたらよいかあなたの考えを述べなさい。

平成23年度

  • 10年後あなたはどのような職員になっていたいかについて書きなさい。

平成22年度

  • 「公務員として働くにあたり、心がけたいこと」について書きなさい。

4 市職員(高校・短大卒程度)採用候補者試験第二次試験  集団討論課題

平成29年度

  • 高校生の部活動について、生徒全員が必ず何かの部活動で活動させるべきか、部活動に入らない生徒がいてもよいとすべきか、それぞれの立場のメリットとデメリットを様々な観点から整理した上で、どちらの立場をとるかグループの意見をまとめ、その立場から考えられる課題とその対応案についてまとめてください。

平成28年度

  • 最近、スマートフォンを見ながら歩行することで、人や車と衝突するなどの事故が多発しており、問題となっています。この問題について良い解決策があるか、グループで議論し意見をまとめなさい。

平成27年度

  • 選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立しました。成人年齢は民法で20歳と定められていますが、「成人年齢を18歳まで引き下げること」に賛成か反対かグループの意見をまとめ、その立場から考えられる課題とその対応策についてまとめなさい。

平成26年度

  • 「自転車運転免許制」に賛成か反対かグループの意見をまとめ、その立場から考えられる課題とその対応策についてまとめなさい。

平成25年度

  • 今年は、大河ドラマ「八重の桜」の放映により、市内を散策している観光客の姿が多く見受けられます。
    しかし、大河ドラマの放映舞台となった他の自治体にも共通したことですが、放映が終わるとまた観光客数も例年並に減少するという傾向があるようです。
    そこで、大河ドラマの放映効果を一過性のものに終わらせないようにするために必要な取り組みについてグループとしての意見をまとめなさい。

平成24年度

  • 皆さんの乗った飛行機が砂漠に不時着しました。皆さんのうち救出に来た車に乗れるのは4人だけです。この中の誰を選ぶか討論して決めなさい。

平成23年度

  • 会津若松市にかかわりのある大河ドラマが平成25年放映決定となりました。今後、多くの観光客の会津若松訪問が見込まれますが、ドラマの放映中だけでなく、その後につなげていくにはどのようにしたら良いか、グループとして結論をまとめなさい。

平成22年度

  • 手をつないで全員でゴールをしたりなど、順位をつけない徒競走が運動会で行われることがあります。そのことについて、賛成か反対か討論しなさい。