高齢者の運転免許証の更新制度が一部変わりました

2022年5月13日

 昨今、高齢運転者の方による痛ましい交通死亡事故が相次いで発生しております。このような事故を未然に防ぐため、高齢運転者の方の交通事故防止対策の充実・強化を目的として、 道交法を改正し、高齢者運転者の免許更新に係る制度を変更、サポートカー限定免許を新設しました。

免許更新について

施行日

 令和4年(2022年)5月13日施行

 

新設

75歳以上で一定の違反歴(※)のある方は、運転技能検査の受検が必要

※信号無視や歩行者妨害などの11種類の違反

 

変更

75歳以上の認知機能検査の内容、高齢者講習等

 

 

高齢運転者の免許証更新時の運転技能検査が義務化(チラシ).pdf(3MB)

 

「サポートカー限定免許」 が新設

運転に不安を感じる方に対して、運転免許証の自主返納だけでなく、より安全なサポートカーに限って運転を継続するという新たな選択肢を設ける趣旨の制度です。

 

サポートカー限定条件付免許で運転することができる自動車は? サポートカーリスト(警察庁ホームページ)

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 危機管理課 交通防犯グループ  
  • 住所:〒965-8601 会津若松市東栄町 3番46号
  • 電話:0242-39-1227
  • FAX:0242-26-6435
  • メール送信フォームへのリンクメール