電気自動車の普及促進・急速充電器の運用について

2019年4月26日

 市では、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの削減と 「スマートシティ会津若松」の実現に向けた取組の一環として、環境にやさしい移動手段である電気自動車の普及促進を図っています。

 

市の取り組み

 市では、これまで、電気自動車7台を公用車として導入し、日々の業務や災害時における非常用電源等として役立てるとともに、市役所本庁舎と北会津支所にそれぞれ急速充電器を設置し、観光客の皆さん、市民の皆さんの利便性の向上にも努めています。

 

公用車への電気自動車の導入

 普段は、走行時に二酸化炭素を排出しない環境にやさしい公用車として電気自動車を使用しております。

 また、燃料や電気が不足する災害時には、ガソリンに頼らない移動手段となるほか、庁舎の非常用電源としても使用することができます。

 

電気自動車

 

電気自動車の導入による効果(平成29年度)

 市が導入している電気自動車5台(走行距離合計21,358km)による二酸化炭素排出量等の削減などの効果は下記のとおりです。

  • 二酸化炭素排出量  約771kg-CO2 の削減 (削減率23.3%)
  • 燃料代         約135,000円 の削減   (削減率65.5%)

    ※ 二酸化炭素排出量は、二酸化炭素排出係数:0.556kg-CO2 で計算しています。

    ※ 比較対象は、燃費:15km/リットルのガソリン車とし、ガソリン代:145円/リットル、排出係数:2.322kg-CO2 で計算しています。

 

庁舎への急速充電器の設置

 環境にやさしい電気自動車の普及とその充電インフラの整備拡大に向けて、本庁舎と北会津支所に各1基急速充電器を設置しています。

 事前のお申し込みは不要ですので、市民の皆さんに限らず、観光客の皆さんも、お気軽にご利用ください。

本庁舎

  • 所在地   正面玄関前 (会津若松市東栄町3-46)
  • 利用時間  平日     午前7時30分から午後6時30分まで
            休日・祝日 午前9時から午後5時まで

北会津支所

  • 所在地   北会津支所 西側駐車場 (会津若松市北会津町中荒井字諏訪前11)
  • 利用時間  終日

利用料金

  • 充電1回あたり、500円の協力金をお願いしております。
  • 協力金は、急速充電器脇に設置された協力金箱に入れてください。

利用上のご注意

  • 充電器利用の際は、利用簿に、利用日時、どちらからおいでになられたか(市内/県内/県外)などについて記載願います。

 

 急速充電器  急速充電器拡大写真     北会津支所.JPG

                       本庁舎 正面玄関前                              北会津支所 西側駐車場

このほかの取り組み

V2H(Vehicle to Home)の設置

 V2Hは、電気自動車への充電だけでなく、電気自動車から建物側へも電力を供給できる機器です。

 この機器を本庁舎、水道部庁舎、北会津支所、河東支所に設置し、災害時(停電時)に、電気自動車から各施設に電力を供給できる仕組みを構築しています。

V2H.JPG              V2H(本庁舎)

普通充電器の設置

 公用車として導入した電気自動車の充電用に、普通充電器2基(栄町第一庁舎、栄町第二庁舎)を設置しています。

超小型モビリティによる実証走行(平成28年度から平成30年度)

 市では、電気自動車のさらなる普及のため、平成28年9月から、会津大学・日産自動車とともに、超小型モビリティ(日産ニューモビリティコンセプト:NNMC)の市内公道における実証走行を行いました。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

 

本市における電気自動車・充電器等の状況について 

電気自動車・プラグインハイブリッド自動車の普及状況

 市内に登録されている電気自動車・プラグインハイブリッド自動車の台数は、毎年増加しています(下表)。

 

■本市における電気自動車・プラグインハイブリッド自動車の普及状況(各年4月1日現在)
 平成26年(2014年)平成27年(2015年)平成28年(2016年)平成29年(2017年)平成30年(2018年)
電気自動車(軽自動車含む) 62台 83台 92台 113台 137台
プラグインハイブリッド車 49台 59台 76台 96台 131台

 

電気自動車用充電器の設置状況(一般家庭への設置を除く)

 市内では、市庁舎のほか、自動車ディーラー、スーパーマーケット、旅館などに電気自動車用の充電器が33基設置されています。

  • 急速充電器  10基 (平成31年(2019年)2月現在)
  • 普通充電器  23基 (同上)
 

  ※詳しい設置場所は、民間サイト「GoGoEV」【外部サイト】 または 「EVsmart」【外部サイト】でご確認ください。

 

電気自動車・充電設備等の導入時に活用できる補助制度

電気自動車等の購入時に活用できる補助制度

 電気自動車やプラグインハイブリッド自動車などを購入する場合、国の補助制度(「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」)を活用できます。

概要

  • 運輸部門における二酸化炭素の排出抑制や石油依存度の低減等を図るため、個人や法人によるクリーンエネルギー自動車導入にかかる費用の一部を助成

対象となるクリーンエネルギー自動車

  • 電気自動車(軽自動車・二輪車含む)
  • プラグインハイブリッド自動車
  • 燃料電池自動車
  • クリーンディーゼル自動車

補助金額

公募について

  • 公募期間  平成31年4月22日(月)申請受付開始
  • 応募書類等 下記のお問い合わせ先のサイトをご覧ください。

お問い合わせ先

 

充電設備の設置時に活用できる補助制度

 急速充電器や普通充電器等を設置する場合にも、国の補助制度(「充電インフラ整備事業費補助金」)を活用できます。

概要

対象となる充電設備

  • 急速充電器
  • 普通充電器
  • V2H
  • 充電用コンセント
  • 充電用コンセントスタンド

公募について

  • 公募期間  令和元(平成31)年5月上旬申請受付開始
  • 応募書類等 下記のお問い合わせ先のサイトをご覧ください。

お問い合わせ先

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 環境生活課 環境グループ
  • 電話:0242-39-1221
  • FAX:0242-39-1420
  • メール送信フォームへのリンクメール

 

 

関連ワード