森林の立木を伐採する時は伐採届の提出が必要です

2013年5月31日

 

森林の伐採届出について

 森林(保安林を除く)の立木を伐採する時は、森林法の規定に基づき、無秩序な伐採で森林の大切な働きが失われることが無いようにするため、目的・面積・本数・材積に関係なく森林が所在する市町村長へ伐採届の提出が必要です。
 また、1ヘクタール以上の山林を他の目的のために開発する場合は、県知事の林地開発行為許可が必要です。
 
 
   

対象となる森林

 保安林を除く民有林(会津若松市森林整備計画の区域)を伐採する時は、伐採の目的、樹種、方法、面積にかかわらず届け出の対象です。

 なお、森林の位置によっては届け出が不要な場合がありますので、届出書を作成する前に地番等をご確認のうえ農林課へ電話等でご相談ください。

 

届出者について

 森林所有者が自分で伐採する時は、森林所有者が届け出ます。また、伐採する方と森林所有者が異なる場合は、伐採する方と森林所有者との連名で届け出ます。

 

届け出る時期と届け出先について

 伐採を始める90日から30日前迄に、農林課へ届け出が必要です。なお、伐採する山林の所在地が会津若松市以外の場合は、森林が所在する市町村へ届出をお願いします

 

届出書の様式について

  下記の2つの様式のいずれかをダウンロードしてお使いください。なお、2筆以上の森林について届け出る場合は、1筆につき1枚の届出書を使用し、2枚目からは届出人と森林所有者の住所・氏名の欄は記入を省略してご記入ください。

 

 伐採届出様式.xls(39KB)

 伐採届出様式.pdf(103KB)

    ※記載例はこちらです→  伐採届記載例.pdf(365KBytes)

 

添付書類について

 

  • 伐採する森林の位置がわかる図面の写し(農林課に森林計画図がありますので、事前にご相談ください)。
  • 伐採する森林の所有者である事がわかる書類(登記簿謄本などの写し)。
  • 森林所有者から立木を購入して伐採する場合は、その領収書の写し。

   ※届出者において、下記様式のチェックリストで確認していただき、伐採届出時に添付してください。

   伐採及び伐採後の造林の届出チェックリスト.pdf(85KB)


その他留意事項

 伐採届出書を市農林課で受理して審査した後、適合通知書を発行しますので、伐採作業を行う期間中は、適合通知書のコピーを伐採現場の道路に面した入口や土場などの見やすい位置に掲示して、作業を行ってください。

お問合せ窓口

  • 会津若松市役所 農政部農林課(栄町第2庁舎2階)
  • 電話:0242-39-1254
  • FAX:0242-39-1440
  • メール送信フォームへのリンクメール