合併処理浄化槽をお使いの方へ

2016年12月28日

   現在の合併処理浄化槽は適正な管理を行なうことによって、その処理能力は下水道と遜色のないものとなっております。しかしながら、その性能は浄化槽法に基づく「保守点検」「清掃」「法定検査」を行なうことで維持されますので、使用し続ける限り浄化槽法に基づく適切な管理を行ってください。

公共下水道や農業集落排水事業が利用できる方へ会津若松市からのお願い

  市では、公共下水道及び農業集落排水事業の整備を行っておりますが、公共下水道や農業集落排水事業は個々の建物からの生活排水を下水道等へ接続していただくことで、はじめて事業の効果が得られます。合併処理浄化槽をお使いの方も利用していただかないと事業効果が薄れてしまいます。公共下水道又は農業集落排水処理施設が利用できる場合は、積極的な接続をお願いいたします。
 

合併処理浄化槽から下水道接続への切替えはメリットもあります。

  合併処理浄化槽で使用されている排水設備は下水道接続でも継続して利用できる場合があります。このため、接続費用が比較的安価で済む場合があります。下水道に接続しますと、浄化槽は原則完全撤去が必要ですが、撤去せずに雨水を貯留し利用する為の貯留槽へ改造することもできます。この場合、屋根からの雨水を浄化槽に導く配管工事と浄化槽内部の改造が必要になりますが、植栽への散水や災害等で断水した場合、水洗トイレを流す等の雑水として利用することができます。

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 下水道課 管理グループ
  • 電話 0242-39-1271
  • FAX  0242-39-1453
  • メール送信フォームへのリンクメール