政策討論会について

2017年8月18日

 

 会津若松市議会は、平成20年6月に制定された会津若松市議会基本条例に基づいて、政策討論会を開催しております。政策討論会の目的は、市政に関する重要な政策及び課題に対して、議会としての共通認識及び合意形成を図ることにより、政策立案、政策提案及び政策提言を推進していくことにあります。

   この政策討論会は、市民の皆さんの多様なご意見を市議会として市政に反映していくために、「市民との意見交換会」とともに、市議会における政策形成を進めていく過程で重要な役割を担います。

   具体的には、「市民との意見交換会」において市民の皆さんから頂戴したご意見を整理し、そこで発見した問題をふまえて、解決すべ きテーマや実現すべきテーマを設定し、これらのテーマについて議会として議論します。議論の結果は、議会としてのチェック機能や政策 形成能力の向上につなげてまいります。

   議会が活発な議論を重ねることにより、市民の皆さんの期待と要望に応えてまいりたいと考えております。

政策形成サイクルにおける政策討論会の位置づけ

 会津若松市議会は、政策形成サイクル(政策研究→政策立案→政策決定→政策執行→政策評価)を回転させることにより、確実に、政策立案、政策提案及び政策提言を行ってまいります。

 政策形成サイクルにおいて、政策討論会は「市民との意見交換会」とともに重要な位置づけにあります。
 政策形成サイクルにおける政策討論会の位置づけは、次のようになります。


政策討論会における取り組み

 政策討論会における取り組みを、議員の任期ごとにご紹介します。
 
 

お問い合わせ

  • 会津若松市議会事務局
  • 電話:0242-39-1323
  • FAX:0242-39-1470
  • メール送信フォームへのリンクメール