介護保険制度について

2019年10月1日

 介護保険制度は、だれもが抱える介護への不安をなくし、介護を家族だけでなく社会全体で支え合おうとつくられた制度です。

 平成12年度に制度がスタートして以来、多くの人に心身の状態に応じた介護サービスが提供され、家族の負担も軽減されています。だれもが住み慣れた地域で安心して暮せるために今後も介護保険にご理解とご協力をお願いします。

 

介護保険制度のてびき 【平成31年度版】 

 ※「平成31年度」は「令和元年度」と同一年度を示します。

全ページ版

 

分割版

 

平成31年度の介護保険制度改正のポイント

介護保険料が一部変更となりました (令和元年7月から)

 所得段階第1段階から第3段階の保険料額が引き下げられました。

保険料の変更内容
所得段階改正前改正後
第1段階 32,600 円 27,200 円
第2段階 43,500 円 34,400 円
第3段階 50,800 円 49,000 円

 

サービス費が一部変更(増額)となります (令和元年10月から)

 次の費用が変更(増額)となります。

  • 介護サービス費及び介護予防サービス費(在宅サービス、施設サービス、地域密着型サービス)
  • 介護予防・生活支援サービス費

 ※具体的な金額については、担当のケアマネジャーやサービス事業所にご確認ください。

 

利用限度額等が変更となります (令和元年10月から)

 次の費用が変更となります。

  • 在宅サービス利用限度額
  • 施設利用における食費・居住費(基準額)

 ※具体的な金額については、担当のケアマネジャーやサービス事業所にご確認ください。

 

マイナンバー制度について

 平成28年1月から、各種申請や届け出には原則としてマイナンバー個人番号)の記入が必要です。 窓口では、本人(及び申請者)の身分証明の際、マイナンバーの確認を行います。

マイナンバーの記入が必要になるもの

  • 要介護・要支援認定申請
  • 負担限度額認定申請
  • 各種再交付(交付)申請
  • 住所地特例適用届     等

マイナンバーの確認には次のいずれかが必要です

  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • 個人番号が記載された住民票  等

身分証明には次のいずれかが必要です

  • 個人番号カード ……個人番号カードがあれば、マイナンバーと身分証明の両方ができます。
  • 運転免許証
  • パスポート等、公的機関の発行した顔写真入りの書類を1つ以上又は、介護保険証、負担割合証、医療保険証等を2つ以上

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 高齢福祉課
  • 所在地:会津若松市栄町5-17(栄町第二庁舎)
  • FAX: 0242-39-1431
  • 電話
  • 要介護・要支援認定、介護サービスについて(介護保険給付グループ): 0242-39-1247、0242-23-4622
  • 地域密着型サービス、介護保険料について(介護保険管理グループ): 0242-39-1242
  • 地域包括支援センター、地域支援事業について(地域支援グループ): 0242-39-1290
  • 高齢者福祉サービスについて(高齢者福祉グループ): 0242-39-1291

 

  • 河東支所 住民福祉課 住民福祉グループ
  • 所在地:〒969-3481 会津若松市河東町郡山字休ミ石14番地
  • 電話:0242-75-2111
  • FAX:0242-75-3157

 

  • 北会津支所 住民福祉課 住民福祉グループ
  • 所在地:〒965-0131 会津若松市北会津町中荒井字諏訪前11番地
  • 電話:0242-58-1807
  • FAX:0242-58-3500