第3次会津若松市人材育成基本方針及び同推進プラン

2018年5月25日

 

  ~ 『志高く快活で、地域とともに、未来を切り拓く 職員』 を目指して ~

 

  職員の育成については、これまで、人材育成に係る基本的な考え方を定めた「第2次会津若松市人材育成基本方針(以下「第2次基本方針」という。)」及び第2次基本方針の具体化に向けた3年ごとのアクションプランである「会津若松市人材育成推進プラン」に基づき取り組んできたところです。
 平成21年5月の第2次基本方針から9年が経過していますが、この間に、少子高齢化がさらに進行し、日本全体で人口減少社会への移行が進みました。こうした中で本市においても、地域課題が多様化し、市民ニーズも複雑・高度化しており、ますます地方自治体の役割、個々の職員ひとり一人の能力の向上が求められています。

 また、近年においては、女性活躍推進法の施行、ワーク・ライフ・バランスに対する意識の高まり、働き方改革に向けた取組が官民を挙げた課題となっています。
 こうした社会経済状況等の変化への対応を踏まえながら、今後ますます、職員の人材育成を行っていく必要があることから「第3次会津若松市人材育成基本方針(以下「第3次基本方針」という。)」を策定しました。この第3次基本方針を通じて、職員の能力と意欲の向上を図り、市役所の組織力を向上させ、ひいては市民サービスのさらなる向上の取組を進めていきます。
 

人材育成推進プラン(平成30年度~平成34年度)

  「第3次 会津若松市人材育成基本方針」に基づき、平成30年度から平成34年度までの5ヵ年に重点的に取り組むべき事業とスケジュールを明らかしたものです。このプランに基づき、計画的な人材育成の推進に取り組んでいきます。


お問い合わせ

  • 会津若松市役所 人事課
  • 電話:0242(39)1213
  • FAX:0242(39)1411
  • メール送信フォームへのリンクメール