河川の防災について

2007年8月29日

1.河川災害の想定

 6・7月の梅雨時には、前線活動がしばしば活発となり、大雨または局地的豪雨に見舞われることがあります。また、8・9月にかけては台風の接近、上陸により暴風雨、豪雨に見舞われることがあります。
 

2.治水・水防対策

 河川の治水対策を含めた市域全体の治水・水防対策として、会津若松市地域防災計画で以下のとおり示しています。

(1)治水対策

 国・県の改良事業との整合を図りながら、危険箇所の改修を促進することによって、安定した流水維持と河川や主要水路の汚濁防止及び水害防止に努めます。
これを項目別にあげると次のとおりです。

  • ア.河川統制または河川改良に関する治水事業
    • 排水路を改修し、改修工事を積極的に施行します。
  • イ.危険箇所の警戒体制の充実
    • 防災関係機関との連携を密にし、予防情報の伝達を行います。
  • ウ.その他の補修
    • 老朽溜池の維持補修
    • 橋りょうの維持補修

(2)水防対策

 風雨が強まり、被害が一層大きくなることが予想される時は、本市水防計画により、水防に対する所要の措置を講じます。

 

3.阿賀川ライブカメラ

阿賀川のリアルタイム映像をご覧になれます。
(映像:国土交通省北陸地方整備局 阿賀川河川事務所提供)

 

4.河川関係情報

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 危機管理課 
  • 電話:0242-39-1227
  • FAX:0242-26-6435
  • メール送信フォームへのリンクメール