歴史資料センターまなべこ常設展「院内御廟を探る」

2016年12月6日

 

「まなべこ」常設展の展示が新しくなりました!

 院内御廟ポスター.jpg

 

 歴史資料センター「まなべこ」では、平成28年11月11日(金)から、常設展の展示が新しくなりました。

 メインテーマは「院内御廟を探る」です。東山町の院内にある会津藩のお殿様たちのお墓、「院内御廟」の不思議や魅力に迫ります。

また、コーナー展として「品物から見る美しさと趣味」をテーマに、江戸時代から昭和初期までの装身具や嗜好品、趣味の世界の展示も行っています。

 合わせて、先人紹介のコーナーや、会津の歴史についてちょっと物知りになれるエポックのコーナーの展示も新しくなりました!

ぜひ、新しくなった展示をご覧ください。

 

亀ふの展示の写真

実物大の亀趺の展示

屋外で見るよりも大きく感じます!

 展示室に入って最初に出迎えてくれるのが、4代藩主容貞(かたさだ)の碑石を支える亀趺(きふ)を、実物大で示した展示です。この亀趺は通称「亀石」とも呼ばれ、その大きさは4.8mにもなります。

 

 院内御廟を訪れる際にも、その大きさには圧倒されますが、平面で展示することでよりその大きさをお分かりいただけると思います。亀趺の背中の、碑石の部分に置いたイスには座ることもできます。ぜひご体感ください!
 
 
詳しい展示内容は、歴史資料センター「まなべこ」のホームページをご覧ください。
 

 

お問い合わせ

      • 名称:会津若松市歴史資料センター まなべこ                                   
      • 所在地:〒965-0807  福島県会津若松市城東町2番3号 (旧会津図書館)
      • 開館時間:午前9時から午後5時(最終入場は午後4時30分)
      • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日から1月3日)
      • 入館料:無料
      • TEL:0242-27-2705 / FAX:0242-27-2705
      • まちなか周遊バス「ハイカラさん・あかべえ」をご利用の方:「鶴ケ城三ノ丸口」から東へ徒歩2分  
      • ホームページ:http://manabeko.com/(外部サイト)
   
   まなべこの外観写真

地図

まなべこ