野口英世について

2016年1月22日

 
野口英世の写真

 世界的に有名な医学者、野口英世(幼名清作)博士は 1876年11月9日福島県耶麻郡翁島村(現在の猪苗代町)に生まれました。
 清作は1歳半のころ、いろりに落ちて左手に大火傷を負いました。後にその左手を、手術はしましたが、完治することはありませんでした。しかし清作は、その時に医学の素晴らしさを知り、医者への道を志すことになりました。その結果、野口英世博士は医学の道へ進み、世界中の人々の命を救うこととなりました。 そこで、このホームページでは、この野口英世博士の偉大な人生を紹介します。
(※右の写真)
 
 
 
 
目次

野口英世の生家 野口英世の母 シカ

野口英世博士の生家※(現在、野口英世記念館)と 母、シカの写真※

 


野口英世の生涯・年表
 ここでは野口英世博士の生涯・年表を紹介します
 

 

野口英世博士に関係する施設・研究所・団体等

   日本

・公益財団法人野口英世記念会

野口英世記念館の設立(下の写真参照※)、野口英世医学賞の制定、野口英世奨学金制度の確立など意欲的な活動を行なっている。                     
                                                                                                                                                   
 
住所:〒969-3284 福島県耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田81(三城潟)
電話: 0242-85-7867 FAX 0242-23-7122  (パンフレット有)
 

・野口英世青春館

住所:〒965 福島県会津若松市中町4-18
電話:0242-27-3750 FAX:0242-26-4579  (パンフレット有)
 
・野口英世博士顕彰会

・野口英世青春通り協議会
事務局
住所:〒965-0878福島県会津若松市中町2-87
電話:0242-27-0887

・ドクターノグチを語り継ぐ会
住所:〒965福島県会津若松市中町4-18
電話:0242-27-3750 FAX:0242-26-4579

・野口英世細菌検査室保存会
事務局
住所:〒238-8580神奈川県横須賀市稲岡町82 神奈川歯科大学生物学教室
電話:046-822-8832
 

エクアドル

ヒデヨノグチ小学校
首都のグアヤキルの北東にあるグァジャバンバにヒデヨノグチ小学校が存在する。ちなみにこの学校は野口英世の母校である翁島小学校と交流を持っている。

ペルー

・オノリオ・デルガード
1983年6月11日にペルー国立精神衛生研究所を改名
・野口英世学園
1987年3月に首都のリマにファナ・ミヤシロ・デ・カナシロ学長によってつくられた。
 

メキシコ

・野口英世博士医学研究所
ユカタン半島の州/オーラン病院にユカタン医科大学に開設
 

ガーナ

・野口英世記念室
アクラのガーナ大学に野口英世が最後に使用していた研究室を1979年11月24日開所
・Dr.Noguchi memorial clinic
コモア・オンヤジ村に野口医学研究所の協力で1994年1月14日開設

野口英世 を尋ねて世界の旅(海外にある野口英世のゆ かりの史跡)


  • 日本
  • アメリカ
    • フィラデルフィア
      • ペンシルベニア大学に当時野口英世博士が使用していた研究室メディカルホールがローガンホールと名を変えて保存 してある。
    • ニューヨーク
      • ロックフェラー医学研究所(現・ロックフェラー大学)には、ロックフェラー一世の胸像とともに、野口英世博士の胸像 もある。
      • 野口英世夫妻の墓

        ウッドローン墓地には野口英世博士夫妻が埋葬されている。なお、墓石には「ロックフェラー医学研究所の正員である英世は科学への献身により、人類のために 生き、人類のために死んだ」と書かれている。
      • 野口英世の別荘

        ニューヨークから車で3時間程の所にあるシャンデーケンには野口英世博士の別荘があり、現在も保存されている。ちなみに現在は東京歯科大学の施設となって いる。
  • メキシコ・メリダ
  • ブラジル
    • 野口博士記念公園(サンパウロ)
    • RUA Dr.NOGUCHI 野口通り(リオ・デジャネイロ ラモス地区)
  • ペルー
  • エクアドル
  • ガーナ・アクラ
    • 野口英世記念室

      野口英世博士が最後に使用した研究室が1994年6月にその一部が公開された。(コーレブー病院)。
    • 野口英世記念庭園

      野口英世記念室の前庭を日本庭園に整備し、野口英世博士の胸像を1963年4月1日に除幕している。

    (野口英世博士の渡米以降の情報を見る)

野口英世を尋ねて 会津の旅(会津を中心とした野口英世のゆか りの史跡)




野口英世生家
 その名の通り野口英世が生まれた場所であり、16の時までこの家で生活していた。
なお、現在は野口英世記念館となっている。
                              野口英世の生家
(※上図参照:福島県耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田81(三城潟)、電話:0242-65-2319)



翁島尋常小学校
 野口英世が通っていた小学校。成績が優秀であったため、先生の代りに授業を行う「生長」という位を授かり、生徒に授業も教えていた。

長照寺
 野口英世の母シカ、父佐代助が埋葬されている。また、野口夫妻の遺髪塚もある。

野口英世青春通り
野口英世が貴重な青春時代(16歳~19歳)過ごしたこと から名付けられるようになった。
 



会津会陽医院跡
野口英世が1歳の時、火傷で癒着した左手の手術をここで受 け、その奇蹟に感動し、中学卒業後医学の道に進むべく、この会 陽医院の書生となった。ここで野口英世は貴重な青春時代を過ごし、生まれは福島県猪苗代の三城潟ではあるが、医聖野口英世はここで生まれたとも言わ れている。現在の野口英世が刻苦勉励していた2階は野口英世に関する貴重な資料や思いでの品々が展示してある「野口英世青春館」という博物館となっている。ちな みに1階は喫茶店となっている。(右図参照:福島県会津若松市中町5-18、tel:0242-27-3750)

山内よねの家
野口英世の初恋の相手とされる山内よねの家である。ちなみ に残念ながらこの恋は実らずに終った。この家は一般公開はしていない。

日本キリスト教団若松栄町教会
野口英世が洗礼を受けた教会である。ここで野口英世は英語の学習をした。なお、この教会は、当時の位置と異なっている。 末広酒造(旧 新城酒店) 野口英世の母シカが会津若松市に行った際には立ち寄っていた場所。 野口英世像

地図以外の会津地域

新鶴村・中田観音
 母シカが信仰していた観音である。野口英世はこの母の祈りがあったからこそ、成功したとも言える。 野口英世の青春時代の情報をみる。
 

なぜ今、野口英世なのか?


野口英世博士の死後80年近く過ぎ去った現在でも、野口英世博士の功績を称えるため 数々の試みがなされています。そこで、ここでは野口英世に関する機関誌を始め、多くの野口英世博士を語り継いでいる活動を紹介します。
 

機関誌

野口英世を称えるべく機関誌、そして野口英世を語り継ぐ方を紹介している機関誌を紹介します。

機関誌 「野口英世記念 会報」
公益財団法人 野口英世記念会
(福島県耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田81(三城潟):電話0242-85-7867)発行。(写真は41号)
 
機関誌 「ながはま」
野口英世博士ゆかりの細菌研究室を保存する会
(横浜市南区永田台27-18:電話(045)712-3917)発行。(写真は21号)
 
機関誌「野口フェロー通信」
野口医学研究所
(東京都港区虎ノ門1-22-13 虎ノ門秋山ビル5階:電話(03)3501-0130)発行。(写真は第6号)
 
       福島県国際交流協会
       (福島県福島市舟場町2-1
       福島県庁舟場町分館2階
       電話0245-24-1315)
 
 
 
 
 
 
 
 ページの先頭へ  

野口英世関連書物紹介


タイトル著者価格分類出版社
ジュニア版野口英世 高橋美幸 1200 児童書 星雲社
ノグチの母ー野口英世物語 新藤兼人 500 児童書 小学館
野口英世知られざる軌跡 山本厚子 2200 人文書 山手書房新社
野口英世の妻 飯沼信子 2300 人文書 新人物往来社
野口英世 角田光男 1300 児童書 ひくまの 出版
野口英世 ものがたり 森いたる 880 児童書 金の星社
田中正造・野口英世・北里柴三郎・志賀潔 栗岩英雄  他 1850 コミック ぎょうせ い
野口英世 中山茂 1000 一般書 朝日新聞 社
偉人物語 (4)野口英世   1980 一般書 ウオカーズカン
野口英世 滑川道夫 800 一般書 講談社
野口英世 神戸淳吉 1600 一般書 講談社
三年二組の野口英世 鈴木喜代 春 803 一般書 ポプラ社
野口英世 きりぶち 輝 670 一般書 学習研究 社
野口英世 宮脇紀雄 700 一般書 かい成社
偉人野口英世 らくがき 舎 780 一般書 秋田書店
福沢諭吉・伊藤博文・岡倉天心・野口英世 笠原一男 590 一般書 集英社
遠き落日 (上)(下) 渡部淳一 各470 一般書 角川書店
フォトド キュメンタリー野口英世   3500 一般書 野口英世 記念会・野口英世記念館
まんが野口英世(2冊組) 菊地英 一・村野守美 2000 コミック 野口英世 記念会・野口英世記念館
 
 
※のついた写真は公益財団野口英世記念会より提供いただいたものです。無断転載はご遠慮ください。
 ページの先頭へ  
お問い合わせ
  • 会津若松市 観光課
    〒965-8601 福島県会津若松市東栄町3番46号
  • 電話:0242-39-1251
  • FAX:0242-39-1433
  • メール送信ボタンメール