前のページに戻る

鶴ケ城
鶴ケ城北口・鶴ケ城三ノ丸口 下車 徒歩5分

 会津若松のシンボルであり、戊辰戦争では約1ヶ月の激しい攻防戦に耐えた難攻不落の名城。土方歳三は慶応4年(1868)6月15日に登城し、輪王寺宮の執当職・覚王院義観と面会したと言われる。国の史跡として指定され、桜の名所としても有名。特にライトアップされた夜桜は必見です。

(関連サイト:会津若松市観光公社

関連情報をチェック
    

前のページに戻る