前のページに戻る

松本良順【まつもと りょうじゅん】

 天保3年、下総佐倉藩医師佐藤泰然(のちに順天堂を開く)の次男として生まれ、のちに泰然の親友である幕医松本良甫の養子となる。
 安政4年、幕命により長崎へ遊学し、来日していたオランダ軍医ポンペの元で西洋医学を学び、助手としても日本初の洋式病院である長崎養生所の開設などに尽力する。江戸に帰ると、西洋医学所の頭取となり、幕医として身を投じる。上京した際には、かつてから親交のあった近藤勇を訪ね、屯所にて隊士の回診を行うとともに、隊の衛生管理指導も行う。戊辰戦争勃発後は、江戸に引き上げてきた近藤らの傷病を診察。沖田総司の死を見届けたとも言われている。西軍が江戸に攻め込んでくると、門弟数人を引き連れて会津に入り、土方歳三の戦傷を治療した。また、日新館において診療所を開設し、会津藩の医師らとともに負傷者の治療にあたった。
 幕府方についたため投獄されたが、のちに兵部省に出仕し、山県有朋の要請により陸軍軍医部を設立し、初代軍医総監となる。また、勅撰により貴族院議員となり、男爵に叙される。享年76歳。

関連情報をチェック
    

前のページに戻る