高齢者や身体障がい者家庭などの除雪について

2018年8月17日

 町内の一人暮らしの高齢者や身体障がい者などの除雪ができない家庭をボランティアの人たちで除雪していますが、その人たちも高齢化してきているので、将来に向けた対策が必要ではないでしょうか。

  高齢や障がいがある人などで、自力で除雪することが困難な世帯への支援につきましては、町内会が行う除雪ボランティア活動と、町内会で行うことが困難な場合に除雪ボランティアが除雪を行う「スノーバスターズ事業」があり、どちらも市の補助を受け市社会福祉協議会が行っております。

 市といたしましても、降雪時には除雪対策班が除雪を行うほか、職員にスノーバスターズへの登録を促し、年末年始や土・日に除雪ボランティアを行っているところです。

 また、市と社会福祉協議会では、除雪も含めて地域の抱える様々な地域課題を、地域住民や、行政、社会福祉関係団体等が協働することにより、解決につなげる仕組みづくりを進めるため、平成283月にそれぞれ「会津若松市地域福祉計画」、「会津若松市社会福祉協議会地域福祉活動計画」を策定したところです。社会福祉協議会では、この計画に基づき、今年5月に「会津若松市ボランティア学園」を開校し、多くの皆様がボランティアとして参加いただける取り組みを進めています。今後、卒園生の皆様が活躍していただけることを期待しております。市では、引き続き社会福祉協議会と連携し、除雪体制の推進に努めてまいりますので、ご理解をお願いいたします。(回答日:平成30年6月22日)

 

参考

 

回答に関するお問い合わせ

  • 会津若松市役所 地域福祉課
  • 電話番号:0242-39-1232
  • ファックス番号:0242-39-1237
  • メール

 

市長への手紙に関するお問い合わせ

  • 会津若松市役所 秘書広聴課 広報広聴グループ
  • 電話番号:0242-39-1206
  • ファックス番号:0242-39-1402
  • メール