インターネットによる環境意識調査において事業者情報等が回答者間で閲覧可能な状態であったことについて

2022年8月19日

環境生活課がインターネット上にて実施していた事業者向けアンケートにおいて、回答を終えた事業者の方相互で、事業者情報(事業所名、回答者役職・氏名、連絡先、メールアドレス)等を閲覧できてしまう事案が発生いたしました。

ご回答いただいた皆様には、大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。深くお詫びを申し上げます。

なお、今回の事案については、アンケート実施にあたって利用していたサービス「Google Forms」のシステム上の問題ではなく、人為的な誤りによって発生したものです。

 ※「Google Forms」とは、「Google LLC」がインターネット上で提供している、アンケート作成や管理などを行うためのサービスです。

閲覧が可能であった期間

令和4年8月12日(金)11時頃(最初の方の入力時)から令和4年8月16日(火)17時頃までの間

事案の把握日時

令和4年8月16日(火)16時40分 インターネット上でアンケートへの回答を全て終了された事業者の方からの情報提供により、事案を把握。

事案の概要

「環境基本計画」策定に関する事業者向けアンケートにおいて、インターネット上で回答を終了した事業者の方が、回答終了の際に、既に回答を終えた事業者(最大で41事業者)の情報(事業所名、回答者役職・氏名、連絡先、メールアドレス)とアンケートの集計結果(回答者との紐づけは無し)を閲覧することができる状態になっていたものです。
※インターネット上でアンケートの回答を全て終了しないと情報等を閲覧するアイコンが表示されないことから、基本的に、インターネットで回答をいただいた市内の事業所の方(最大41事業所)以外の閲覧は想定されないところです。

原因

市が行ったアンケートフォーム「Google Forms」の設定時に、「結果の概要を表示する」という項目をオンにしてしまったことが原因であり、このことで、インターネット(web上)で実施している「環境意識調査(事業者向け)」の回答を終えた方が、回答終了後画面の左端に表示される「前の回答を表示」をクリックした場合、自分より以前に回答を行った方の事業所名等の事業者情報及びアンケートの集計結果(回答者との紐づけは無し)を閲覧できる状態になってしまったものです。

対応

令和4年8月16日(火)17時頃、当該アンケートの入力フォームの設定を変更し、回答者の回答結果が表示できないようにしたのち、インターネット(web)によるアンケートを中止しています。
また、閲覧可能であった41事業者の皆様には、お電話と文書(8月18日発送)により、経過の説明及びお詫びを申し上げたところです。

再発防止策と今後の取組

今回の事案は、新たに導入した「Google Forms」のサービス機能に関する理解不足、アンケートフォームのテスト不足によるものと認識しており、このような新たなサービスを導入する際には、特に、複数人にて機能や操作方法の理解を深めた上で、事前にテスト入力を徹底するなど、慎重に実施を行うようにし、同様の事案のないよう再発防止に努めてまいります。
また、事業者の皆様、市民の皆様には、 心よりお詫びを申し上げるとともに、引き続き、環境施策の推進に、ご理解とご協力をいただけるよう、取り組んでまいります。

本事案に関するお問い合わせ

  • 会津若松市役所 環境生活課 環境グループ
  • 電話:0242-39-1221
  • FAX:0242-39-1420
  • メール送信フォームへのリンクメール