労働力調査を実施しています

2022年10月24日

労働力調査とは

 わが国の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的とした調査で、「統計法」に基づき国が都道府県を通じて毎月実施しています。

 この調査により、毎月報道される「就業者数」や「完全失業率」などがわかります。また、結果は雇用対策や景気判断などに活用されています。

 対象となった世帯の皆さまは調査へのご理解とご協力をお願いします。

調査対象

 この調査は標本調査として実施されます。国勢調査の約90万調査区から約2,900調査区を選定し、その調査区内から選定された約4万世帯とその世帯員が調査対象です。なお、調査項目中の就業状態については世帯員のうち15歳以上の方を調査します。

 ※標本調査とは…ある集団の中から一部の調査対象を選び出して調べ、その情報を基に、元の集団全体の状態を推計するもの。

調査の方法

 統計調査員が対象世帯を訪問し、調査票を配布及び回収します。

 紙の調査票での提出のほかに、インターネットでの回答も選択できます。

調査員について

 統計調査員は福島県知事が任命する非常勤の公務員です。

 訪問時には必ず「顔写真付きの調査員証」を携帯していますので、ご確認ください。

調査についてのお問合せ

 調査内容について、ご不明な点がございましたら福島県の担当課へお問い合わせください。

  • 福島県企画調整部統計課 電話番号:024-521-7145

 

関連サイト

 

会津若松市の調査対象地区

  • 高野町上高野の一部 令和4年12月から令和5年4月(1年目)
  • 大塚二丁目の一部 令和4年10月から令和5年2月(2年目)
  • 山見町の一部 令和4年9月から令和5年1月(1年目)
  • 湯川町の一部 令和4年8月から令和4年12月(1年目)
  • 錦町の一部 令和4年8月から令和4年12月(2年目)
  • 本町の一部 令和4年6月から令和4年10月(2年目)

※準備調査1か月、本調査4か月

 

統計調査員の募集

 会津若松市では統計調査員を随時募集しています。詳細につきましては「統計調査員としてお仕事をしてみませんか?」のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 情報統計課 統計分析グループ
  • 電話番号:0242-39-1215
  • ファックス番号:0242-23-7801
  • メール