令和4年就業構造基本調査のお知らせ

2022年8月15日

令和4年就業構造基本調査にご協力をお願いします

 令和4年10月1日(土曜日)を基準日に就業構造基本調査を実施します。

 調査へのご理解とご協力をお願いします。

 

就業構造基本調査とは

 国民の就業・不就業の状態を調査し、我が国の就業構造を全国だけでなく、地域別にも詳細に明らかにし、国や地方公共団体における雇用政策、経済政策などの各種行政施策立案の基礎資料を得ることや学術研究のための利用に資することなどを目的として実施します。

 

調査の期日

 令和4年10月1日(土曜日)午前零時現在によって行います。

 

法的根拠

 「統計法」という法律に基づく基幹統計調査として実施します。

 ※基幹統計調査には報告義務と守秘義務があります。

 

調査の対象

 国勢調査の調査区のうち、総務大臣が指定する調査区の中から無作為に選ばれた「抽出単位」に居住する15歳以上の世帯員が対象となります。

 会津若松市では41の調査区が指定されています。

 ※抽出単位…調査区内にある住宅やその他の建物の各戸で、一つの世帯が居住できるようになっている建物又は建物の一区画

 

主な調査事項

すべての人

男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

ふだん仕事をしている人

雇用契約期間、仕事内容、1週間の就業時間、現職についた理由など

ふだん仕事をしていない人

就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

 

調査の方法

 福島県知事が任命する調査員が訪問し、調査票を世帯ごとに配布します。

 

回答の方法

 以下の3つの方法で回答することができます。

  • インターネットで回答
  • 同封の封筒を使用して郵送で回答
  • 調査員に調査票を提出

 

関連サイト

 

調査員の募集

 会津若松市では統計調査員を随時募集しています。詳細につきましては「統計調査員としてお仕事をしてみませんか?」のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 企画政策部 情報統計課 統計分析グループ
  • 電話番号:0242-39-1215
  • ファックス番号:0242-23-7801
  • メール