令和4年4月15日 会津若松市長メッセージ

2022年4月15日

市民の皆様へ

感染拡大防止重点対策の延長

 昨日、県は、新型コロナウイルスの感染が急速に再拡大している状況にあることから、4月17日(日)までとしている「感染拡大防止重点対策」を、5月15日(日)まで延長することとしました。
 また、同期間に「福島県感染拡大防止緊急総点検」として、感染対策実施チェックリストによる対策の総点検や、街頭・店舗での感染予防啓発活動などを通じて、感染対策の徹底をお願いしていきます。

 

本市の感染状況

 現在、本市の感染状況は依然として厳しい状況です。直近1週間(4月8日から4月14日まで)の新規感染者数は339人、その前の1週間(4月1日から4月7日まで)は351人、1日あたりでは50人程度の新規感染が継続しており、これには複数のクラスターの発生も影響しています。また、現在の特徴として、家庭や事業所での感染が増加しています。こうした状況が続けば、病床使用率や重症者用病床の使用率が上昇し、医療提供体制に大きな負荷がかかることになります。

 

市の取り組み

 市では、保健所による状況分析に基づくきめ細かな感染情報の発信強化や、教育・保育施設や介護施設での県チェックリストによる再点検の要請、広報車による感染対策の周知活動などを行い、市民の皆様とともに、感染の再拡大防止に向けて取り組んでいきます。

 

ワクチン接種

 現在、20代・30代の若い世代の接種率が他の年代よりも低くなっています。ワクチンの接種により、発症や重症化を予防する効果が確認されています。接種券が手元にある方は、種類よりもスピードを意識され、大型連休前の接種の検討をお願いします。

 

オミクロン株BA.2系統への置き換わり

 今後、感染力が強いオミクロン株BA.2系統への置き換わりが進んでいくことが懸念されます。

 また、4月末から5月初旬にかけては大型連休となり、外出や移動、会食などの機会が増えることが予想されます。昨年本市では、この時期から感染が急拡大したため、一層の注意が必要です。
 市では、より一層県と連携しながら、感染拡大の抑制に取り組み、1日も早く穏やかな日常を取り戻し、社会経済活動の回復に向けて取り組んでいきますので、市民の皆様におかれましては、大型連休を迎える前に今一度、基本的な感染対策の徹底を心掛けていただき、「感染拡大防止重点対策」の取り組みと「感染拡大防止緊急総点検」の呼び掛けにご理解とご協力をお願いします。

 

令和4年4月15日 会津若松市長 室井 照平

 

 

関連リンク

 

感染対策の徹底を呼びかけるポスターをご活用ください

 福島県感染拡大防止重点対策が令和4年5月15日まで再度延長されたことから、引き続き、感染対策の徹底を呼びかけるため、集会場や事業所・各施設などに掲示するためのポスターを作成しました。

 次のPDFデータを印刷すると、すぐに掲示ができます。ぜひご活用ください。

 

再延長を呼びかけるポスター

重点対策延長掲示用ポスター(1MB)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

  •  会津若松市役所 秘書広聴課
  • 電話番号:0242-39-1205
  • ファックス番号:0242-28-8267