令和4年2月18日 会津若松市長メッセージ

2022年2月18日

市民の皆様へ

まん延防止等重点措置の延長

 本日、県は、新型コロナウイルスの新規陽性者数や病床使用率等が高止まりしていることを踏まえ、2月20日(日)までとしているまん延防止等重点措置及び福島県非常事態宣言を、3月6日(日)まで延長することを正式決定しました。

本市の感染状況

 現在、全国的には、感染者数が減少傾向に転じている地域もありますが、本市においては依然として厳しい状況にあります。本市の直近1週間(2月11日から2月17日まで)の人口10万人あたりの新規陽性者は193.40人であり、過去最高値である235.99人(1月25日から1月31日まで)から若干改善してはいるものの高止まりしています。こうした状況が続けば、高齢者への感染も拡大し、病床使用率の上昇や重症者の増加も懸念されます。

 

感染対策の徹底

 今回の延長により、市民の皆様や事業者の皆様には、大変なご不便とご負担をおかけいたしますが、ここが正念場であるという思いを共有し、感染者数の減少と医療提供体制の安定確保につなげられるよう、引き続き、一人ひとりが感染リスクの高まる場面を避け、マスクの着用(不織布推奨)や手洗い・手指消毒・3密回避などの基本的な感染対策の徹底にご協力いただき、全市をあげて取り組んでいきましょう。
 なお、ワクチン接種について、武田/モデルナ社ワクチンは比較的に早期接種が可能です。3回目接種により入院リスクが減少するという報告もありますので、接種券が届きましたら、接種のご検討をお願いします。
 

 

令和4年2月18日 会津若松市長 室井 照平

 

 

引き続き感染対策の徹底をお願いします

基本的な感染対策の徹底

  • 3つの密(密閉・密集・密接)を徹底的に回避してください
  • 「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手指消毒」「こまめな換気」など、基本的な感染対策を徹底してください

 

飲食店の営業時間短縮や酒類提供の自粛

  • 飲食店等の皆様は、営業時間の短縮や酒類提供の自粛にご協力ください
  • 同一グループ・同一テーブルでの5人以上の会食は避けてください
  • 飲食店を利用する際は、ふくしま感染防止対策認定を受けている店をご利用ください

 

感染リスクの高い行動の自粛

  • 県をまたぐ不要不急の移動は控えてください
  • 混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出・移動は控えてください

 

 

「まん延防止等重点措置」の期間中は、以下のとおり、感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

市主催イベントや公共施設での感染対策

  • 一律の制限は行いませんが、感染対策の徹底にご協力ください
  • 感染状況を踏まえ、開催や利用の可否を判断します。ご理解とご協力をお願いします

 

大勢の人が利用する施設の感染対策

  • 営業時間の短縮要請は行いませんが、感染対策を徹底してください
  • 入場者の整理や誘導を行ってください
  • 業種別ガイドラインを遵守してください

 

 

基本的な感染対策

基本的な感染対策はオミクロン株にも有効です

アイコン.jpg

 

  • マスクの着用※ 不織布マスク推奨
  • 手洗い・手指消毒の徹底
  • こまめな換気※冬は換気がおろそかになりがち
  • 人との間隔を2メートル以上
  • 大人だけでなく、子どもの感染も増えています。家庭での毎日の検温やきめ細かな健康観察をお願いします
  • 発熱などの症状がある場合は登校・出勤を控え、早めにかかりつけ医や診療・検査医療機関に相談してください
  • かかりつけ医がいない場合やどこに相談してよいか分からない場合は、県受診・相談センター(電話:0120ー567ー747)に相談してください

 

 

まん延防止等重点措置の掲示用ポスターをご活用ください

まん延防止等重点措置が福島県全域に適用されることとなったことから、1月28日に作成したポスターの内容を一部修正いたしました。

集会場や事業所などで、ぜひご活用ください。

 

 まん延防止等重点措置が延長されています

 

ポスターは、こちらからダウンロードできます。

【全県版】まん延防止等重点措置延長_掲示用ポスター(590KB)
 

関連リンク

 

お問い合わせ

  •  会津若松市役所 秘書広聴課
  • 電話番号:0242-39-1205
  • ファックス番号:0242-28-8267
  • メール