【新型コロナウイルス】陽性者の方へ

2023年1月19日

 陽性者の全数届出が見直されました。(令和4年9月26日判明分から適用)

 オミクロン株の特性を踏まえて、高齢者等重症化リスクの高い方を守るため、全国一律で感染症法に基づく医師の届出(発生届)の対象を65歳以上の方や入院を要する方など4類型に限定し、保健医療体制の強化、重点化を進めていくことになりました。

 これに伴い、陽性者となった場合の対応や連絡方法、濃厚接触者の待機期間などが変更になりました。

 重症化リスクの高い方が適切に医療機関を受診できる体制を確保するため、年齢や症状などに応じて無料検査の活用や、適切な医療機関の受診・相談にご協力をお願いします。

 

支援スキーム.jpg 

 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

 

重症化リスクの高い方へは、これまでどおり、保健所から連絡があります。(医師による保健所への発生届「対象」の方)

陽性が判明した次の方

  •  対象…①65歳以上の方 ②入院を要する方 ③重症化リスクがあり、コロナ治療薬の投与又は酸素投与が必要な方 ④妊婦の方

 

上記①~④以外の方で陽性と診断され、相談や支援を必要とする方は、ご自身で「県フォローアップセンター」へ 相談をお願いいたします。(発生届の「対象外」の方)

  • 主な相談内容…①症状悪化の健康相談 ②宿泊療養の相談 ③生活支援物資の相談 ④その他一般相談
  • 福島県フォローアップセンター(☎0120-897-089)24時間対応
  • 自宅療養中に相談や支援の必要がない場合は、県フォローアップセンターへの連絡は不要です。

 

 ※詳細は福島県のホームページ「自宅療養者される方へ」をご確認ください。

 

療養期間について

自宅療養者の療養期間・濃厚接触者の待機期間に関する目安算定ツール

  • 県のホームページに自動計算で療養期間の目安がわかるような機能が追加されました。ご自身で検査をし療養期間が不明なときにはご活用ください。

有症状者

(a)(bの入院者・高齢者施設入所者以外の方)

  • 発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後※24時間経過した場合には8日目から解除を可能とする。(※症状軽快とは、解熱剤を使用せずに解熱しており、呼吸器症状が改善傾向である場合をいいます。)
  • ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

(b)入院者・高齢者施設入所者

  • 発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に11日目から解除を可能とする。

 

無症状者(無症状病原体保有者)

  • 検体採取日から7日間を経過した場合には、8日目に療養解除を可能とする。
  • 加えて、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除を可能とする。
  • ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
220908_療養期間の短縮について.JPG 陽性者の療養期間の見直しについて(9月7日より)(画像をクリックすると拡大します)

陽性となった方へお願いしたいこと

  • 陽性者の増加に伴い、治療が必要な方を医療につなげることを最優先としています。
  • 濃厚接触者に該当する知人等、所属先(勤務先・学校等)へは、陽性者ご本人から連絡をお願いします。
陽性となられた方へ.jpg陽性となられた方へお願いしたいこと(画像をクリックすると拡大します)

自宅療養に備え備蓄をお願いします

新型コロナウイルス感染症はいつどこで感染するかわかりません。

食料や日用品(生理用品やオムツ等)、薬(常用薬や市販の咳止め、解熱剤等)などを数日分程度を備えておきましょう。

県では、日常生活で備蓄を使用し、常に新しいものに入れ替える「ローリングストック」を推奨しています。

ローリングストック.jpg

 

有症状者・無症状者の療養期間中の外出について(令和4年9月7日から変更されました)

  • 陽性者で有症状の場合、症状軽快※から24時間経過後、または無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えないこととされました。
  • ※症状軽快とは、解熱剤を使用せずに解熱しており、呼吸器症状が改善傾向である場合をいいます。

 

外出することができない方への日用品の支援について(※会津若松市内にお住まいの方のみになります)

※現在市では県から依頼のあった食料の配送は行っておりません。食料支援につきましては直接、県フォローアップセンター(0120-897-089)へお問い合わせください。

家族や親戚、知人等からの支援が受けられず、かつ発熱等の症状が続くなど、外出が困難な場合はご相談ください。

  • 支援品 ※各セット1家族1セットとさせていただきます。
  1. 日用品セット(ティッシュ・トイレットペーパー・ハンドソープ・食器用洗剤)
  2. 乳幼児セット(紙おむつ)
  3. 乳幼児セット(粉ミルク)
  4. 女性セット(生理用品)
  5. 感染対策セット(アルコール消毒液・マスク・使い捨て手袋)
  • 希望される方は、市新型コロナウイルス感染症対策室へ電話で直接ご相談ください。 
  • お問い合わせ:会津若松市 新型コロナウイルス感染症対策室 電話:0242-23-9271(平日8:30~17:15)
  • その他:ご相談の際には、療養中の状況や期間等についてお伺いいたします。

※症状のない濃厚接触者の方が、生活に必要な日用品・食料品の買い物に行くことは、不要不急の外出にはあたらないため、買い物へ行くことは差し支えありません。ただし、混雑する時間を避け、マスクを着用するなど感染対策を行ったうえで外出していただくようお願いします。

 

関連ページ

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

新型コロナウイルス感染症の罹患後も続く症状(罹患後症状)について

新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の休業に関する手当等の制度について

 

お問い合わせ

  • 会津若松市新型コロナウイルス感染症総合コールセンター
  • 電話番号:0570-026263 
  • 午前9時から午後5時(土日祝を除く)