令和4年1月4日更新 会津若松市長メッセージ

2022年1月4日

新年の市長メッセージ

 明けましておめでとうございます。
 昨年は、一昨年から続く新型コロナウイルス感染症が全国的に猛威を振るい、本市においても、春から夏にかけて感染者が多数確認される日が続き、医療提供体制がひっ迫するなど、一時厳しい状況が続きましたが、現在は落ち着きが見られているところです。この間の感染拡大防止に向けた市民の皆さんのご理解とご協力に、心より感謝を申し上げます。
 また、昨年は、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催され、本市での聖火リレーの実施や本市出身選手の活躍があり、市民の皆さんが一丸となって応援し、コロナ禍にあっても、元気と勇気をもらうことができた一年でありました。

 

誰もが安心して暮らすことができるまちへ

 本年におきましても、市民の皆さんの生活を守るため、感染症対策を講じることはもとより、感染症収束を見据えた地域経済の回復や、非常時にも強い社会経済構造の構築に取り組むとともに、市民の皆さんが安心して豊かに暮らし続けることのできるまちづくりに取り組んでまいります。

 

ICTを活かしたまちづくり

 新たなしごとや雇用の創出や、産業の活性化、交流人口の拡大などを目指し、取り組みを進めてきた「スマートシティ会津若松」については、これまでの成果をさらに実感していただけるよう、連携事業者や会津大学、地域企業、スマートシティAiCT(アイクト)入居企業などと連携をしてまいります。
また、市民の皆さんのご意見を伺いながら、より利便性の高いサービスの実現に向け、取り組んでまいります。

 

支え合うことができるまちづくり

 教育・保育の充実に向けては、地域の状況や時代の変化を踏まえながら、未来を担う子どもたちが健やかに成長できるよう、環境整備や支援を行います。高齢者福祉の向上のための取り組みについては、高齢者の社会参加の促進や介護予防のための仕組みとして、昨年から開始している「つながりづくりポイント事業」を推進し、世代を超えて互いに支え合える地域社会の形成に取り組んでまいります。

 

地域経済の回復に向けて

 観光業や商工業、農業などの地域経済は、依然としてコロナ前の水準には戻っていない厳しい状況にあります。事業者支援金の交付やプレミアム商品券の発行、飲食店の利用促進、観光誘客などを通じ、落ち込んだ経済活動の回復に努めており、今後も引き続き、感染症の影響による米価下落への対応なども含め、地域活力の再生を進めてまいります。

 

「ゼロカーボンシティ」宣言

 環境分野では、持続可能な社会づくりに向けて、昨年12月に、2050年までのできるだけ早い時期に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」の実現を目指すことを宣言しました。今後はさらに、市民の皆さんや事業者、行政が一体となった取り組みを進め、自然環境の保全や環境負荷の低減を図ります。

 


 今年は、第7次総合計画の後期5年の初年度となります。本年も市民の皆さんとの参画と協働のもと、誰一人取り残さない持続可能な社会の実現に向け、まちづくりを進めていきます。

 

令和4年1月4日 会津若松市長 室井 照平

 

※市政だより令和4年1月1日号に同文掲載

 

お問い合わせ

  •  会津若松市役所 秘書広聴課
  • 電話番号:0242-39-1205
  • ファックス番号:0242-28-8267
  • メール