新型コロナワクチン接種証明書

2022年1月6日

 新型コロナワクチン接種証明書

  • 令和3年12月20日より、従来の海外用に加えて、主に日本国内での利用を想定した新型コロナワクチン接種証明書の交付を開始します。
  • 新型コロナワクチン接種証明書は、予防接種法に基づいて実施された接種の事実を公的に証明するものです。
  • 氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載されます。※海外用ではパスポートの国籍や旅券番号も記載されます。

※日本国内での利用については、接種後に交付される「予防接種済証」や「接種記録書」も従来どおり利用可能です。

※予防接種済証等を紛失した場合には再発行も承りますのでご希望される方はこちらをご覧ください。新型コロナウイルス感染症予防接種済証(再発行手続き)

 対象者

会津若松市が発行した接種券を利用して新型コロナワクチンの接種を受けた方

申請・発行方法(電子版)

接種証明書(電子版)の発行に必要なものは、次のとおりです。

  • スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroidOS8.0以降)(マイナンバーカードが読み取れる端末(NFC TypeB対応)(専用アプリのダウンロードが必要です)
  • マイナンバーカードの券面事項入力補助用暗証番号(カード受け取りの際に設定した4桁の数字)
  • パスポート(海外用の証明書を希望する場合のみ)

ワクチンパスポート専用アプリの詳しい取得方法は厚生労働省デジタル庁ホームページ(外部サイト)でご案内しています。

申請・発行方法(書面版)

  •  郵便申請の場合

郵送での申請を受け、書面で発行・返送します。

申請の受理から証明書の発行までは、1週間から10日程度を予定しています。

接種事実の確認が困難な場合や書類等に不備がある場合など、さらにお時間をいただくことがありますので、あらかじめご了承お願いします。

渡航日までの日数が少ないなど、お急ぎの方は、事前にお問い合わせ願います。

  • 窓口申請の場合

 臨時窓口にて申請を受け付けます。必要書類をご準備のうえお越しください。

会場:会津若松市役所 栄町第二庁舎1階 コロナワクチン接種証明書臨時窓口

申請の受理から証明書の発行までは、1週間から10日程度を予定しています。

接種事実の確認が困難な場合や書類等に不備がある場合など、さらにお時間をいただくことがありますので、あらかじめご了承お願いします。

渡航日までの日数が少ないなど、お急ぎの方は、事前にお問い合わせ願います。

申請必要書類

印刷してご記入ください。

  • 接種券(接種済証)または接種記録書の写し
  • 本人確認書類の写し ※返送先住所の記載されたもの(運転免許証、健康保険証など)
  • 返信用封筒(宛名の記載と必要料金分の切手を貼り付け願います)※郵送での交付を希望する場合
  • 旅券(パスポート)の写し ※海外用を申請する場合のみ

 【場合により必要な書類】

  • 旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合のみ)

旧姓併記のされた運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別性の記載のある外国の旅券など

  • 委任状(本人以外が代理で申請する場合のみ)※同一世帯の場合でも必要です。

証明書委任状.pdf(24KB)

印刷してご記入ください。

  • 代理人の本人確認書類(本人以外が代理で申請する場合のみ)
  • 送付先が確認できる書類(送付先が本人確認書類と異なる場合)

書類の郵送先

  •  郵便番号965-8601 会津若松市東栄町3番46号 会津若松市新型コロナウイルス感染症対策室 ワクチン接種証明担当 行

受付開始

  • 令和3年12月20日(月)から

 接種証明書に関する制度的なお問合せは、厚生労働省 新型コロナワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター0120-761-770)にご連絡お願いします。