あいづわかまつ地域福祉を考えるフォーラムを開催します

2022年9月21日

 

フォーラムイメージ写真

本市では、令和3年3月に誰もが安心して暮らせる地域社会の実現に向け、第2期地域福祉計画を策定しました。

今後、市民の皆さんと町内会など地域で活動する団体、商店を始めとした企業や農業団体、福祉関係団体等の多様な人たちと市役所が地域福祉の考えを共有し、ともに地域課題の解決に向けた仕組みづくりを推進するためのきっかけとするために、「あいづわかまつ地域福祉を考えるフォーラム」を開催します。

地域福祉活動やボランティア活動に参加してみたいけど・・・みんなと活動するために団体や組織を作ってみたいけど・・・。と、どうしたらいいかわからないという話を聞きます。今回は、30年前に地域の支え合い活動を始め、福祉マンションなどを運営するNPO法人にまで活動を続けてきた認定NPO法人ぐるーぷ藤会長鷲尾公子さんの講演を行います。

 

あいづわかまつ地域福祉フォーラム開催概要

  • 開催日時 令和4年10月25日火曜日 14時開始(13時30分開場)
  • 内容 認定NPO法人ぐるーぷ藤 会長 鷲尾 公子さんによる講演
  • 演題:主婦だけで作った福祉マンション~活動を始める第1歩~
  • 場所 生涯学習総合センター(會津稽古堂)多目的ホール
  • 対象 市民、市内の事業所に勤務する人、市内の学校へ通学する人
  • 入場無料
  • 手話通訳あり 車いす用席あり

 

申込方法

以下のいずれかの方法でお申し込みください。

 

2次元バーコード
  • インターネット 申し込みページから申し込み。右のQRコードをスマートフォンなどで読み込んでアクセスもできます。
  • 電話 氏名、電話番号、車いすを使用している人や手話通訳を必要とする人はその旨を地域福祉課へ電話
  • はがき 氏名、電話番号、車いすを使用している人や手話通訳を必要とする人はその旨も記載の上、地域福祉課まで郵送
  • 参加申込書 パンフレット(12MB)の参加申込書に記載の上、地域福祉課までFAX・郵送・持参

 

 

 

注意事項

  • 新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、中止する場合があります。そのときは市から代表の方に連絡します。
  • 車いすを使用している人や手話通訳を必要とする人は、人数を記入してください。利用しやすい席を準備します。
  • 定員の80名になりましたら、受付を終了します。定員を超えて参加できないときは、市から代表の方に連絡します。
  • 当日は、入口での検温・消毒、マスク着用が必要となります。

郵送先

  • 〒965-8601会津若松市地域福祉課(住所不要)

 

鷲尾 公子さんプロフィール

肩書

 

講師 講師 鷲尾 公子さん
 

略歴

 神奈川県藤沢市生まれ、藤沢育ち。子ども2人。夫、猫2匹と暮らす。
 7年にわたる母の介護経験から福祉豊かな藤沢のまちづくりをめざし平成4年市民同士が対等に助け合う組織「ワーカーズ・コレクティブ藤」を設立。
法人格を取得し、平成12年より介護保険事業に参入し、高齢者、子育て、障がい者支援など地域ニーズに応える市民事業を次々に手がける。
平成19年、十年来の夢を実現し、UR都市機構、ふじファンド(市民資本)、銀行、地元の建設業者等大勢の協力を得て、複合型福祉マンション「ぐるーぷ藤一番館・藤が岡」を建設。平成29年には、サービス付き高齢者向け住宅「ぐるーぷ藤二番館・柄沢」を建設し、自ら一室に住む。令和5年秋には認知症グループホームを中心とした「ぐるーぷ藤三番館・奏」の竣工を予定している。
 現在ぐるーぷ藤の事業は、本来の事業のほか、介護保険事業、障害者自立支援事業、高齢者住宅、地域ささえあいセンターなど、多岐にわたる。
 認定NPO法人市民福祉団体全国協議会代表理事、一般社団法人市民福祉支援協議会代表理事、民間介護事業推進委員会委員、フードバンクふじさわ運営委員等歴任。各種講師を務める。

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 地域福祉課
  • 電話番号:0242-39-1232
  • ファックス番号:0242-39-1237
  • メール