令和3年8月12日 会津若松市長メッセージ

2021年8月12日

市民の皆様へ

県内感染者数の急増

 本日、県が公表しました県全体の陽性患者数は230名で、過去最多を記録しました。
 現在、県内においても感染力や重症化リスクが高いと言われるデルタ株に大部分が置き換わり、急激な感染拡大による医療提供体制のひっ迫が深刻となっております。
 県は、これ以上の感染拡大を防止するため県独自の非常事態宣言を発令し、集中的な対策を実施しておりますが、歯止めがかからない危機的な状況が続いております。

 

本市の感染状況

 本市におきましては、市民の皆様一人ひとりの感染対策の取り組みにより今月は比較的落ち着いておりましたが、お盆を控え昨日は7名、本日は過去最多となる29名の感染が公表され、急激に感染者が増えてきました。
 この二日間に感染が確認された人数には、市内医療機関で発生したクラスター関連が多く含まれるなど大部分の感染経路は特定されております。しかしながら、今後、お盆の時期を含めた夏休み期間中に人流が活発化することにより、さらに感染が拡大することが危惧されます。

ワクチン接種の効果

 本市におきましても、ワクチン接種を進めているところですが、ワクチンは感染症の発症を予防する高い効果や重症化を予防する効果が期待されています。また、デルタ株に対しても、重症化予防や入院予防効果があると言われています。

 

感染対策徹底のお願い

 現在の本市を含む県内の危機的な状況を乗り越えるためには、市民の皆様に強い危機感と緊張感を共有していただくとともに、一人ひとりの自覚ある行動が求められます。
 お盆を控え人の移動や人との接触の機会が増えることが予想されます。家族や友人との久しぶりの再会を心待ちにしている方も多いと思いますが、現在の県内の感染急拡大の状況を踏まえ、県の要請に基づき都道府県をまたぐ帰省や旅行は、原則、中止又は延期されるようお願いします。また、感染リスクが高いとされる普段一緒にいない方との飲食や大人数・長時間に及ぶ飲食についてはお控えください。
 また、マスクの着用や手洗い、3密の回避などはデルタ株に対しても有効です。
 ワクチン接種された方も含めて、決して気を許さず基本的な感染対策の徹底に取り組んでくださいますようお願いします。

 

令和3年8月12日  会津若松市長 室井 照平

 

 

 

8月8日(日)から8月31日(火)まで福島県非常事態宣言が発出中です。

新型コロナウイルスの変異株が猛威をふるっています!!

不要不急の外出は自粛してください!

  • 屋外のレジャーでも感染リスクがあります。
  • 特に感染対策が徹底されていない飲食店や営業時間短縮の要請に応じていない飲食店の利用を厳に控えてください。

 

帰省や旅行は原則中止・延期をしてください!

  • 夏休みはご自宅で、いつも一緒にいる人と過ごしましょう。

 

医療機関に早めの相談・受診をお願いします!

  • 気になる症状がある場合には、かかりつけ医や近くの医療機関にまずは電話でご相談ください。
  • かかりつけ医がいない場合は受診・相談センター(24時間対応)にご相談ください。(電話番号:0120-567-747)

 

まん延防止等重点措置非常事態宣言スライド資料.jpg

出典:第86回福島県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議資料

 

 

 感染対策について

感染対策等について、次の福島県新型コロナウイルス感染拡大防止対策をご覧ください。

 

 

お問い合わせ

  •  会津若松市役所 秘書広聴課
  • 電話番号:0242-39-1205
  • ファックス番号:0242-28-8267