【選考結果】令和2年度「(仮称)デジタル未来アート展」企画・運営業務委託プロポーザルの実施について

2020年12月21日

【選考結果】 令和2年度の企画・運営業務受託者の選定について

選考結果

プロポーザルによる受託候補者選考結果票.pdf(146KB)

 

 

【募集時の内容】 令和2年度の企画・運営業務受託者の選定について

 「デジタル未来アート事業実行委員会(事務局:会津若松市企画調整課)」では、令和2年度の「(仮称)デジタル未来アート展」の開催にあたり、事業の企画・運営業務を受託する事業者をプロポーザル方式(公募型)により募集します。
 詳しくは、下記の「関係書類のダウンロード」内の「募集要項」「業務概要兼要求水準書」「審査基準」などをご覧ください。

 

 

プロポーザルの概要

 応募者から提案された企画提案書を審査会で審査し、本業務に適した事業者を選定するものとします。

 

 

事業者選定までのスケジュール

 

【スケジュール】
内容日程および期限備考
募集開始 令和2年10月6日(火)  
質問書の提出期限

令和2年10月23日(金) 17時15分まで(必着) 

 
参加意向申出書の提出期限 令和2年10月28日(水) 17時15分まで(必着)  

提案書の提出期限

令和2年11月3日(火) 

提出方法が限られています。

募集要項を十分確認してから提出してください。 

選考委員会の開催

令和2年11月11日(水) 13時30分からを予定 正式な日程等については別途、通知します。

審査結果の通知

令和2年11月中旬  

 

 

プロポーザルへの参加資格要件

  • 当該プロポーザルに係る契約を締結する能力を有すること。
  • 破産手続開始の決定を受けた場合には復権していること。
  • 「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第三十二条第一項各号に掲げる者でないこと。
  • 会津若松市工事等入札参加停止措置基準に基づく入札参加停止期間中でないこと。
  • 他のプロポーザル参加申出者と実質的な資本関係又は人的関係がないこと。
  • 上記に掲げるもののほか、募集要項において求める要件を満たしていること。

 

 

プロポーザルへ参加するために必要な書類

  • プロポーザルへの参加申出期間は、令和2年10月6日(火)から10月28日(水)(17時15分必着)までです。
  • プロポーザルに参加するためには、まず参加意向申出書の提出が必要です。
  • 参加意向申出書の提出方法は、申出書に必要事項を記載し押印の上、郵送又はFAXによることとします(直接持参やメールなど、他の方法では受付しません)。なお、FAXにより送信した場合は、必ず電話で着信の確認をしてください。

      ※その上で、別途、提案書の提出が必要となります。

 

 

質問書の提出

  • 質問書の提出期限:令和2年10月23日(金) 17時15分必着
  • 提出方法:質問書(下記の「関係書類のダウンロード」にある「各種様式」からダウンロードできます。)を使用し、FAX又は電子メールにて提出してください。なお、送信後は必ず電話で着信の確認をしてください。 
  • 質問に対する回答は下表に随時掲載しますのでご確認ください。

 

【質問回答一覧】
項目別質問内容回答

                 

      

                                                           

 

 

   

 

 

   

 

 

   

 

 

委託期間

 契約締結の日から令和3年3月31日(水)まで

 

 

関係書類のダウンロード

 プロポーザルの参加に必要な書類は、以下からダウンロードをできます。

 事務局(会津若松市企画調整課)での配布や、郵送による配布は行いませんのでご注意ください。

 

 

 

お問い合わせ

  • デジタル未来アート事業実行委員会(事務局:会津若松市企画調整課)  ※プロポーザルの規定によりご質問等につきましては所定の方法にてお願いいたします。
  • 電話番号:0242-23-4186
  • ファックス番号:0242-39-1400
  • メール

 

地図

デジタル未来アート展(會津稽古堂)