「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」を募集します

2020年7月22日

障害者週間とは

毎年12月3日から12月9日までの1週間は、障害者週間です。

障害者週間は、広く障がい福祉についての関心と理解を深めるとともに、障がい者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加することを促進するために、障害者基本法により設けられているものです。

国や地方公共団体では、障害者週間の趣旨を踏まえた様々な取組を行っています。

 

作品を募集しています

内閣府では、障害者週間の取組の一つとして、都道府県・指定都市と共催して、「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」を募集しています。

すべての国民が、障がいの有無にかかわらず、互いに人格と個性を尊重し合い、理解し合いながら生きることのできる「共生社会」を実現するため、障がいや障がいのある人に対する身近な体験や自分の思いを作文や絵にして応募してみませんか。

 

応募資格

(1)心の輪を広げる体験作文

小学生以上

※小学生以上であれば、障がいの有無に関わらずどなたでも応募可能です。

 

(2)障害者週間のポスター

小学生及び中学生

※小学生及び中学生であれば、障がいの有無に関わらずどなたでも応募可能です。

 

詳細は下記の募集案内のチラシをご覧ください。

 作品募集案内.pdf(2MB)

担当窓口は、福島県保健福祉部障がい福祉課になっておりますので、詳しい応募方法等については、福島県のHPをご覧ください。

福島県のHPのリンク(外部サイト)

担当窓口

  • 福島県保健福祉部障がい福祉課
  • 電話番号:024-521-7170
  • ファックス番号:024-521-7929

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所障がい者支援課
  • 電話番号:0242-39-1241
  • ファックス番号:0242-39-1430
  • メール