新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における熱中症予防

2020年8月14日

熱中症にご注意ください

 連日真夏日となり、熱中症が警戒されています。令和元年の夏に熱中症で救急搬送された方は、全国で7万人以上にのぼりました。熱中症は屋外で発症するイメージがありますが、約4割の方は自宅で発症しています。そして、昼間だけではなく、夜寝ている間に発症する方も多いので、注意が必要です。 

  また、今年は新型コロナウイルス新しい生活様式による熱中症対策が求められていますが、適宜マスクを外したり、こまめな水分補給や塩分の補給により、これまで以上に熱中症予防に注意するようにしましょう。

 

「新しい生活様式」における熱中症予防のポイント

1、エアコン使用時も換気をしましょう

 冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

 

2、適宜マスクをはずしましょう

  • 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意です。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。
  • マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避けましょう。
  • 屋内でも、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩しましょう。

 

3、こまめに水分補給をしましょう

  • マスク内は湿度が高くなるので、のどの渇きを感じにくくなります。のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。
  • 一般的な水分摂取量の目安は、食事以外に1.2リットルです。
  • 大量に汗をかいた時には、塩分も補給しましょう。

 

4、体調管理をしましょう

 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

 

5、熱中症に特になりやすい方への配慮をしましょう

 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

 

従来からの熱中症予防行動を徹底しましょう

 その他、従来からの熱中症予防行動については、熱中症にご注意くださいをご覧ください。

 

お問い合わせ

  • 電話番号:0570-026263 
  • 午前9時から午後5時(土日祝を除く)

 

  • 会津若松市役所 健康増進課
  • 電話番号:0242-39-1245
  • ファックス番号:0242-39-1231
  • メール