自立支援医療受給者証(精神通院)の有効期間の延長について(5/29更新)

2020年5月11日

令和2年5月25日付けで、福島県からの新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る通知を受け、自立支援医療(精神通院医療)受給者証について、下記のとおり有効期間を延長します。

 

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期間が満了する方について、全員の有効期間を1年間延長します。

・現在お持ちの受給者証は、記載された有効期間満了日から1年間引き続き有効です。そのままお使いください。

 (注意)新しい受給者証は発行しません。医療機関で読み替えて対応します。

・既に更新申請を受理している方や医療機関から診断書等が発行された方については、通常どおり受給者証を発行します。

・手帳用診断書で自立支援医療(精神通院)を同時に申請されている方は、ご注意ください。手帳については、下記の「精神保健福祉手帳について」をご覧ください。

 

新規申請や有効期限以外の内容に変更が生じたときは、今までと同様に申請等が必要です。

自立支援医療(精神通院)の各種申請は、郵送でも受付しますので、市町村窓口までお問い合わせください。

必要書類等をご案内します。

 

詳しくは以下の福島県のホームページをご覧ください。

 【重要】新型コロナウイルス感染症に係る自立支援医療費受給者証(精神通院医療)の有効期間延長について(外部リンク)

 

精神障害者保健福祉手帳についてはこちらをご覧ください。

 精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて(内部リンク)

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 障がい者支援課 給付グループ
  • 電話番号:0242-39-1241
  • ファックス番号:0242-39-1430
  • メール