5月6日更新 国の緊急事態宣言延長を受けて会津若松市長メッセージ

2020年5月6日

 市民の皆さん、日々、新型コロナウイルスの感染防止に向けて、外出の自粛や施設の休業など、様々なご協力をいただいており、心から感謝申し上げます。また、感染症対策に携わる医療従事者の皆様をはじめ、外出の自粛が続く中、市民の皆さんの生活を支えていただいている事業者の皆様に深く感謝申し上げます。

 

【市主催のイベント中止等及び市公共施設の休館等について】

 5月4日、国において全国を対象とする緊急事態宣言の期間が5月31日まで延長されました。これに伴い、県においても、引き続き、都道府県をまたいだ不要・不急の移動自粛やイベント開催自粛、施設の使用制限、休業要請がなされることになりました。
 本市においては、感染者が確認されていないものの、県内の状況から見ても依然として予断を許さない状況が続いていることから、引き続き、5月31日までイベントの中止や公共施設の休館・休業を継続することといたしますが、適切な感染予防対策を講じた上で、比較的小規模のイベントの開催や公共施設の再開を検討してまいります。

 

【市独自の「事業継続支援金」について】

 これに伴い、市内の事業者の皆様には、引き続き、厳しい対応をお願いすることとなり、大変心苦しく思います。本市といたしましては、市内における新型コロナウイルス感染症の拡大防止と、市内事業者の皆様の事業継続を支援するため、本市独自の支援策として、「事業継続支援金」として一律20万円を給付することとしております。具体的には、県が休業等の協力要請や協力依頼を行った対象事業者のうち、本県の緊急事態措置が継続している期間内において一定期間の休業や短縮営業を行った事業者の方々を対象とするものであります。なお、申請時期については、5月臨時会後を予定しています。

 

【市立の幼・小・中学校について】
 また、市立の幼・小・中学校につきましては、引き続き休業することといたしますが、子どもたちの学習や心身の健康を考慮すると、できるだけ早く休業要請を解除することが望ましいことから、教育委員会において、感染予防に最大限に配慮した上で実施可能な教育活動を検討していくこととしております。

 

【市民の皆様へ】
 市民の皆さんには、手洗い等の基本的な感染症対策の実施や日常的な体温・健康チェックをはじめ、感染が流行している地域との移動の自粛、買い物や運動で外出する場合には空いた時間や場所を選ぶなどの「3密」の回避や人との距離をとる工夫といった、国の専門家会議で示された「新しい生活様式」の実践にご協力いただきますよう心からお願いいたします。
 また、本市への観光旅行を心待ちにされていた方におかれましては、感染が収束し移動の自粛要請が解除されたあかつきには、地域をあげて感謝の思いを込めてお迎えしますので、今しばらく本市への来訪を控えていただきますようお願いいたします。

 

 市民の皆さんには、さらに1か月程度、心身ともにご不便、ご苦労をおかけすることになります。市としましても、できる限りの感染症対策や支援策を講じ、市民の皆さんとともにこの難局を乗り越えてまいりたいと考えております。自分を守るため、そして自分の大切な人を守るためにも、今後ともご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

令和2年5月6日 会津若松市長 室井 照平

 

関連リンク

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 秘書広聴課
  • 電話番号:0242-39-1205
  • ファックス番号:0242-28-8267
  • メール